H 体 験 ? 談 掲 示 板


  • 《↑前のページあり》

コンビニの美少年

  • by 香子 at 4月10日(火)12時39分
  • Number:0410123730 Length:2889 bytes

私は40代の会社員で独身、都内で一人暮らしをしています。
若いころは女の子からかわいい、と言われたりしていました。
ある日の夜、最寄り駅の近くにある少しマイナーなコンビニに入るとレジに
まだ高校生くらいだと思える少年がいました。
眼鏡をかけているけどサラサラの黒髪にちょっと面長の眼鏡取ったら
美少年だな、と思える男の子でした。
私がチラチラ見ているのに彼も気づいたようでした。
ペットボトルを一つ持って
店内に他に店員も客もいないのを確認してレジに行きました。
彼を見つめて「かわいい…」とつぶやくと彼は固まった表情で慌てて釣銭を
落してしまい「す、すみません」と謝りながら私に渡しました。
優しそうなかわいい声と喋り方でした。
「高校生?」と私が聞くと「いえ、大学2年です」と答えました。
「あ、ごめんなさい。かわいいから間違えて…」と私が言うと
彼は少し俯きながら首を横に振り「いわれたことないです」と小さく言いました。
「彼女に言われない?」「いないし…」「男の子に興味あるの?」「…」
と話していると別の店員が出てきたので横目で彼を見ながら帰りました。
その後、私は彼がいると買い物をし、彼を見つめると恥ずかしそうに俯いていました。
彼と一緒にいる同年代らしい女性店員も私の態度に気づき、私がレジに向かうとわざと自分が離れてニヤニヤしながら彼がレジに入るように背中を押していました。
あとで聞いたら彼が自分から「あの人、ぼくのこと好きみたい。」と女の子に話して「え〜、男に好かれて平気なの?」「好かれるのは嫌じゃないから」などと話していたということです。
しばらく経った日曜の午後、
私は隣の駅の大型スーパーにある書店に立ち寄りました。
そこで偶然、彼に出会ったのでした。軽く会釈をし、私はエスカレーターで降りていきました。すると彼が後ろに立っていたのです。
1階まで降り店から出ると彼が俯き恥ずかしそうに私の横に並んで歩いていました。
私は目で挨拶をして「どこかで食事しない?奢るよ。」と誘いました。
彼が下を向いて頷くと駅から少し離れたファミレスに入りました。その間、公園の中を歩いていき人が少ないのを見ながら右手を彼の左手に軽くあてると拒否しないので恋人握りをして歩きました。
ファミレスはそれほど混んでいないので4人掛けで向かい合う席に座りました。注文した品がくると食事をしながら「メガネ、とって見せて」というとすぐに眼鏡をはずして素顔を見せてくれました。
「きれい…」私がつぶやくように言うと彼は驚いたように目を見開いき頬を真っ赤にして激しく首を横に振りました。私が「ごめんなさい…顔立ち整っているし肌もきれいだから、つい…」というと黙ってモジモジしながら両手を意味もなく動かしていました。
彼が照れながら興奮してきたのを見つめながら私は「でも、顔だけじゃないよ。声も話し方も優しくて癒される。ずっと一緒にいたい気持ちになるから…」と私が言うと彼は両ひざをこすり合わせながら「そんなに褒められたの初めて…もう…変な気持ちになって…」
そして股間を両手で押さえていました。「興奮しちゃった?」私が聞くと彼は下唇を噛みながら小さく頷きました。「今日は時間ある?よかったら家に来ない?」と思い切って誘うと「行きたいです…」と恥ずかしそうに答えました。ファミレスを出てスマホでタクシーを呼び私のマンションに連れて行きました。その間、彼の股間がはちきれそうになっているのはジーンズの上からもはっきりわかりました。


初体験は精通前 その13

  • by エロがき小僧 at 4月9日(月)15時42分
  • Number:0409154257 Length:1703 bytes

家に帰ると、鍵を大事に引き出しに入れていつものように過ごした。
そして翌朝、ぺろっと朝御飯を食べると引き出しから鍵を取ってしっかり握りしめてオジさんの家に行った。
玄関の鍵が開いたままだったので、そのままお邪魔すると、一人で懸命にいこうとオナニーしていた。
お尻の穴にディルドを入れて乱暴に出し入れしたり、腰をふったりと
さらに、乳首にもバイブを当てていた。
俺「スッゲー状態だね」
オ「もう、だめ早くのけてよ」
確かに限界そうだったが
俺「まず、いかせてよ」
オジさんの口の前に俺のペニスを持っていく。
すると、獣のようにペニスに食いついた。
オジさんの顔を手で押さえた。
俺「舌だけでいかせてよ」
オジさんは悲しそうな顔でペロペロペニスを舐め始めた。
それは、まるでゴールデンレトルバーがお座りして主人の顔を舐めているようだ。
なかなかいかない俺に苛苛と焦りが謙虚に現れるオジさん。
なにもしていないはずなのに、腹筋がピクピク震えている。
ついついオジさんのボッコボッコの腹筋に蹴りを入れたくなってしまった。
思いっきり爪先をお腹に打ち込んだが、腹筋の固さに負けて弾き返された。
シャクに触った俺は何度も蹴った。
俺「早くいかせろよ」
と怒鳴りながら。
しかしオジさんは俺の蹴りに全く動じず、ひたすらペニスを舌だけでいかせようと躍起になっている。
俺「うっいきそう」
その言葉を機にオジさんの舌使いがさらに早くなる。
ビクッビクッ、ようやくいけた。
オ「早く外してよ」
貞操帯の鍵を外すと、中からどろっとベトベトの液体が出てきた。
俺「うわっなんだこれ気持ち悪っ」
そんなことお構いなしにオジさんがデカチンをしごいていこうとしていたので
俺「おい、何かってにいこうとしてるんだよ」
と、怒鳴ってやった。
オジさんはビクッとして
オ「いってない、寸止めだよ」
と、涙声でいきそうになっていたデカチンから手を離す。
いきそびれたデカチンは精を放つことなくピクピク震えていた。
俺「本当か」
問いつめると
再び自分でしごいて寸止めを披露した。


初体験は精通前 その12

  • by エロがき小僧 at 4月8日(日)10時20分
  • Number:0408102051 Length:2603 bytes

精通する小6の夏休みまでのおよそ一年間、ほぼ毎週オジさんと代わり映えのしない、ハードなエッチをしてきたのだが、その中で記憶に残っているエッチをいくつか投稿したいと思う。

これは、土日の二日間かけて、オジさんを責めた結果月曜日から水曜日まで、仕事を休ませてしまったらしい出来事です。

いつも一緒に遊んでいる友達が家族旅行に行ったため朝からオジさんの家にお邪魔した。
オ「明日も暇か?」
俺「うん、暇」
オ「徹底的に責めてよ」
俺「また?・・・いいよ」
オジさんのデカチンにローションをまぶして責めた。
オ「おっいい、いく」
素早く手を離して責めるのを止めた。
オ「寸止めか、なら両手も縛ってくれよ」
俺「ダーーメ、両手は自分の意思で止めててよ」
酷なことを言ったなと思う。
何度も責めるもいかせない。
オジさんも自由な手で何度もデカチンを触ろうとするが
俺「自分で触っちゃうの、体の割には心弱いんじゃないの」
とか、言って耐えさせた。
手に飽きるとバイブを当てる。
手よりも短いスパンで寸止めすることになる。
デカチンは血幹が浮かび上がってグロテスクになる。
お尻の穴もローションで責めてあげる。
そしてイボがついたディルドを入れて思い思いに動かす。
掃除機で吸引もしてやる。
デカチンを綺麗に洗うと俺の口でも責めてやる。
一通り色々な方法で寸止めすると。
俺「どれがいい?」
オ「フェラ」
ご希望に応えてフェラで寸止めを繰り返す。
時時バイブを当ててやると、大きく体をバウンドさせるオジさん。
腹筋の筋も浮かび上がってくる。
よつん這いにさせると、オジさんの股間の下に潜り込んでフェラで責めながらお尻を平手で叩く。
オジさんのデカチンからしょっぱいものがトロリトロリ出てくる。
お昼になったので、一旦家に帰ることになった。
その間に縛るよう言われたが、無視した。
俺「いったら、外でオナニーするからね」
オジさんには痛いお仕置とかよりも、俺が外でオナニーすることの方が最も効果的であることが解ったのだ。
案の定、一時間位一人にしていたが、射精していなかった。
むしろ、自分で行かない程度にデカチンを責めていた。
俺「あと五時間しっかり寸止めしてやるからな」
一度もいってないのに、オジさんの体はビクビク震えながら逞しい筋肉の筋を浮かび上げている。
俺「俺のいかせてよ」
オジさんにフェラしてもらいいきたくてもいけないオジさんの目の前で、何度も気持ちよくいってやった。
俺「いっくーーー超気持ちいいよーー」
いける気持ち良さを見せびらかしながら。
オ「もう、だめいかせて」
自分で触りしごいたので
俺「オナニーしてくるっ」
外に出ようとすると、すぐに
オ「あーーごめんなさい、行かないで」
お詫びの言葉が飛んできた。
俺「だよねーー」
金玉を強めに叩きながら自分で5回寸止めさせて許してやった。
俺「あっもう帰らなきゃ」
オ「これ着けて」
貞操帯だった。
デカチンがキツキツでなんとか押し込んで根本で南京錠を閉めることができた。
オ「鍵持って帰ってよ」
俺「これなくしたらどうなるの?」
オ「一生駅弁できなくなる」
俺「それは困る」
大事にポケットに入れて帰った。


淫乱リーマン生活のはじまり(6)

  • by ヒロキ at 4月7日(土)02時34分
  • Number:0407023435 Length:3162 bytes

この書き込みにはレイプなどの内容を含みます。また内容の真偽についても問わないでください。


さんざんレイプされて採寸したスーツは俺が想像していた以上にいやらしい服だった。

シャツはスケスケではっきりと乳首を浮き出させている。そればかりかスーツまでスケスケの生地で出来ていて伸縮性のある生地はまるでタイツのように体に食い込むんでくるんだ。

スーツには一緒にエロいケツワレも付けられていて初出勤の日はこれを穿いてくるようにと添えられたこの後のレイプ写真の裏に書いてあった…

そこにはさらに会社に行くまでに乗らなくていけない電車の時間が記され、これを守らないとお仕置きがあると付け足していた。

ナカジマさんは俺を人に襲わせる性癖させなければいくらでもSEXしたい相手だけにこんなことをされるのは残念だが、俺も正直ドキドキしないわけではない…大学も卒業した俺は昔ほど純情でもなくなっていたんだ。

俺は言われた時間に駅に行くために家を出た…この格好だとかなり恥ずかしい…やはり人の目線が気になるし、あからさまにこっちを見てくる人もいる。

駅につくと明らかに待ち伏せしたであろう男たちが此方を舐め回すように見てきた。おそらくナカジマ社長が集めたんだろう。

彼らは素早く俺の周りを取り囲むと俺を押し込めるように到着した電車に突っ込んだが、その時も当然ケツや股間を触られた。

電車にのるとさらに無遠慮に男たちの手が伸びてくる。

払いのけようとする俺の耳元で一人の男が囁いた

痴漢して欲しいって書き込んだ子でしょ?それにしてもエロい格好して変態丸出しだね。

俺は違いますと小声でいったがこんなスーツを着ているのだから説得力なんてかけらもないことは分かっていた。
なにせケツワレを穿いたケツががスケスケなのだから。

暫くすると誰かが俺の手にヌルッとしたものを握らせた。

ほら俺のチンコしごけよ、変態くん。

気がつけば周りの男たちは皆んなギンギンのチンコを俺に向けている。

流石に心配になった俺は辺りを見回したが混雑時だからか誰も気づいていなばかりか俺の周り以外にも痴漢目的できた男たちがいるようだった。

俺まで辿りつけない男たちはこちらを羨ましそうに見ている。

運悪くその近くには登校途中らしきシャイそうな縮毛の男子高校生がいたんだ。

男たちの収まらない制欲は当然その男子高校生に向けられたらしく、困惑しているその表情から俺と同じことがされてるのはすぐにわかった。

しかしすぐに少年は俺の視界から消えた…なぜなら俺は背後の男に肩を押さえつけられてその場に跪かされたからだ。
そして俺の顔の周りを何本ものチンコが取り囲んだ。

逃げる術なんかなく俺の顔にチンコが次々に押し付けられくる…そして押し付けるだけでは満足できない男たちのチンコが俺の口の中にぶち込まれてきたんだ。

俺はもはや抵抗する気すらなく、周りにバレないように素直に言いなりになり男たちのチンコを丁寧にフェラするしかなかった。

そして次々に遠慮なく俺の顔にザーメンが浴びせられる…

やっと駅に着き俺は走ってトイレにいくと必死でザーメンを拭き取ったがただでさえ薄いスーツはザーメンでぐちゃぐちゃにされてしまっていた。

それでも諦めずザーメンを拭き取っていると背後に三人組の男たちが現れた。

さっきのやつらだ…

俺は逃げようとしたが一番デカイ男に軽がると抱えられ個室に連れていかれた。

そして三人の男たちはバレないように交代で見張りをしながら入れ替わりで俺をレイプした。

そして男たちがやっと去った後の個室にはケツから精子を垂れ流して泣きじゃくっている俺だけが残されたんだ。

俺は暫く放心状態だったが、誰かこないか心配になり、精子を拭き取ると急いで会社に向かった…

ザーメンまみれのスーツで俺の社会人1日目が始まったんだ。

つづく。


昼休みの楽しみ1

  • by りすこ at 4月6日(金)23時17分
  • Number:0406231736 Length:1452 bytes

現在高校1年の者です。初投稿なので読みにくいところなどがあったらすみません。
僕の中学校には給食を食べたあと、1時間の昼休みというのがありました。その時間は校庭で遊んだり、教室でゆっくりしたり出来たのですが僕のクラスでは男子15人で校庭で鬼ごっこをするというのが定番でした。そして昼休みの終わりをつげるチャイムがなった時に鬼だった人は罰ゲームがありました。最初は冬半袖半ズボンのジャージで授業を受けるなど些細なものだったのですが、何がきっかけだったのかは忘れましたが放課後、下校途中にある公園でおちんちんを見せるという罰ゲームをするようになりそれがエスカレートしていき勃起したのをみせる、みんなの前でオナニーする、先生の後ろでオナニーする。そして鬼じゃなかった人のことを抜かせるというのになったのです。最初は手で抜いていたのですが、誰かが口でするようになり皆口でするようになりました。それが2ヶ月くらい続き、ある日僕が負けました。僕はあまり足が早い方ではないので週一くらいの感覚で皆のを舐めてました。なのでいつも通り公園で皆のを舐めていたのですが、比較的仲のいいT君が「俺ん家で舐めてよ」って言ってきたので、仲も良かったので僕は快諾しました。そしてT君の家に行き、T君のズボンを脱がせ舐め始めたらT君が「お互い全裸になんね?」と言ってきて、ちょっと嫌でしたが服を脱いだら急にT君が僕のあそこを掴んでシコシコし始めました。僕は負けてもないのに触ってきてどうしたんだろう?って不思議で、どうしてって尋ねたらT君は「俺男同士のエッチに興味あるから最後までさせて」と言いながらアナルにまで触ってきました。僕も正直興味がないと言えば嘘になったので断ることなく受け入れました。