H 体 験 ? 談 掲 示 板


  • 《↑前のページあり》

汗臭い親父に性処理道具にされた

  • by トラ at 11月30日(金)22時41分
  • Number:1130223537 Length:3550 bytes

俺はよく掲示板で自慢の太マラを見てもらうのが好きな変態大学生なんですが、ある日工事現場で働く親父の人から「大きさ勝負しない?負けた方は言うこと聞くっていうのはどうかな」とメールが来ました。正直俺のはレッドブル並に太さもあるし、長さもそこそこあったから負ける気がしなかった。話をしてると意外と近くに住んでいたので会って勝負することにした。
当日俺は親父の家に行くことになった。
近くのコンビニで待ち合わせることになっていたので、行ってみると背はそんなに高くないが、工事現場で鍛えられたであろうガチムチの体の男がいた。顔写真は交換していたのでお互いにすぐに気がついた。俺は親父の車に乗り、家まで送ってもらった。車内で親父は俺のすでに固くなったモノを見て「でかいなぁ!負けたかもしれん笑」と笑っていた。俺は「でしょ笑親父さん好きにさせてもらおーっと笑」などと言っていた。
親父の家は小さな一軒家で、一人暮らしには十分な家だった。入るとすぐ親父は奥の布団の置いてある部屋に俺を呼び、体を触ってきた。俺もすぐにその気になり、親父の股間に手を伸ばした。その時「ん?」と思った。まだ、柔らかいのに手の中に収まらない程のモノがあった。
親父はニヤニヤしながら「じゃあ、勝負しようか笑」と言ってきた。俺はそこで気軽に勝負を受けたことを後悔した。親父のちんぽは俺のよく見る外国人のデカマラ並の大きさで手が回らないほどだった。もちろん余裕で負けた。親父は「お前もなかなかいいもの持ってるけど、まだまだやな笑じゃあ、約束どうり、言うこと聞いてもらおか」と言い、俺の頭を掴み、ちんぽのとこに持っていった。「今日からお前は俺の性処理道具や。言うこと聞けよ。」と言われました。
俺は逃れられはしないと思ったので素直に「はい、分かりました」と言いました。正直やばいくらい興奮しました。
それから親父は仕事終わりで汗臭いデカマラを俺の喉にガツガツ当ててイマラチオしてきました。「ほら、汗で蒸れた親父のエロちんぽ好きなんだろ。ガマン汁ダラダラ流して、変態やなぁ」
「はい。親父の蒸れたエロデカマラたまんねぇっす。臭いだけでイきそうっす」
「おお、そうか!じゃあ腋も舐めろや。ここはきついぞ」
「あぁ…たまんねぇ…」
などと言っていると親父は
「お前の口マン最高やわ…一発目飲ませたるわ。こぼすなや」
と言い、デカマラを奥まで押し込み大量に種を出しました。
あまりの量にむせかえりそうでしたが、口の中はデカマラでいっぱいで飲み込むしかありませんでした。
「すっげ。気持ちええわァ…ほら次行くぞ」と親父は言うと俺をうつ伏せにし、アナルに手を入れてきました。万が一に備え中は洗っていました。それが裏目に出て親父に「中洗ってあるんか笑犯される気満々やなぁ…挿入するつもり無かったけど、せっかくやからやったるわ!」と言い、ローションを塗ると、デカマラをゆっくりと当ててきました。
「まって!そんなの入らない!」というと
「でもアナルは飲み込みたいと言ってるぞ。ほら入ってくぞ。あぁ…すっげ…むっちゃ締まりええわぁ」
と無理矢理入れてきました。でも、不思議と痛くなくむしろ気持ちよすぎて気絶しそうでした。
親父もだんだんペースを上げてきて、しばらくすると
「お前のケツマン最高やわ!親父の濃い種たっぷり注いだるからなぁ!!」
と言い奥に2回目とは思えないほどの精子を出しました。
「お前の中気持ちよすぎて全然萎えへんわ!もう1発いくで!」と親父は休み無しに突き始めました。俺はその時点で気を失っていたらしく。気がつくと全身親父の精子まみれになっていました。親父いわく
「お前が気絶している間2回中出し、1回ずつ顔射と腹に出したぞ。お前気絶してる間おしっこ漏らしてたわ笑すげぇエロかった」と言っていました。
その後、親父のリクエストでその精子で目の前でオナニー(アナニー)して、俺も大量の精子を出しました。
その日はそれで終わりましたが、今も連絡先を交換し、親父の性処理道具として使ってもらっています。今では親父のおしっこを飲んだり仕事終わりの蒸れたアナルも舐めて奉仕させてもらっています。さらに、仕事現場の仲間に回されたりもしています。汗臭い親父に囲まれて犯されるのはやばいくらい幸せです。
また、エロい体験があれば書き込みます


彼と3P 2

  • by 太智 at 11月30日(金)21時49分
  • Number:1130214742 Length:2523 bytes

彼は大輔、俺より2つ下だった。ゆずの北川君ぽい。俺は福士君に似てるといってくれた。そんな似てないけど。そのまま朝まで一緒にいて、連絡先を交換して別れた。それから付き合うようになった。近々N市に引っ越しする予定だと言っていた大輔と会社近くに引っ越ししようかなと思っていた俺は同棲することになった。俺は料理とか掃除はあまり苦にならないのでやるつもりでいたのたか、大輔は俺以上に料理も掃除も上手にこなし俺の弁当までこしらえてくれた。あまり喧嘩もしなかったし、毎日キスしてしゃぶりあうぐらいのエッチをしていた。半年を過ぎ、そんなエッチにもマンネリしてきた。競パンプレイしたり、お互いのオナニーを見せ合ったり、公園やホームセンターのトイレでやったり工夫していた。ある日大輔が
「ね、いれてみようよ」
「え?入れるって?お尻に?」
「そう、いきなりは無理だからおもちゃとか使ってみてさ」
興味がなかった訳ではないか、痛いというイメージしかないけど挑戦してみようということになった。おもちゃを買い大輔から試してみることに。お尻を突き出してバックする体勢になる。初めて大輔の穴を舐めてみる。お互いすごく興奮していた。チンボは勃起しっぱなし。ローションを使い穴に指を入れてみる。
「うーん」
「痛い?」
「痛くはないけど変な感じ」
二本入れて出し入れて動かしてやると腰を振っている。
「太智〜、俺感じるのかも。お尻がなんか熱いようなへんな気がする」
指を抜いておもちゃを穴に当てていれていく。丸い部分が一つまた一つ入っていく。完全に大輔の中に入って、また一つづつ抜いてく。
「あー、やべー、太智もっと動かして」
出し入れするのを早めてやるとぐちゅぐちゅ音がしてなんとも言えないくらいいやらしい。大輔のチンボをしごいてやる。めちゃ硬い。
「やべー、お尻、太智ダメ、いきそう」
一旦止めて
「もう一つのチンボ型の振動するやつを入れようか。」
俺も興奮がすごい。大輔の穴にググッと押し入れてみると
「あああ、入ってる、あーうー」
意外とすんなり入ってく。スイッチを入れるとグイングインと動き出す。
「あーあー、ケツ気持ちいい〜」
出し入れしてやるとさらに声を出して感じている大輔。そんなに感じるんだ、俺も感じるかな、俺もやられたい。だんだんそんな欲望が出てきた。その時大輔が
「太智、チンボ入れて、太智のチンボにやられたい」
おもちゃを一気に引き抜くと穴が開いてパクパクしてた。穴にチンボを入れる
俺もちょっとSがでてきて
「大輔、ズボズボに入るぞ」
「ズボズボに入ってる、俺のケツに入って気持ちいいよー」
完全に大輔はいっちゃってる。俺は一気に突くとまた引き抜く。また入れて腰を振る。
パンパン当たる音がさらに高ぶらせる。正常位になって足をもたせ打ち込むように腰を振り続けた。いきそうになり一旦抜くと
「あー、太智抜かないで」
また入れて大輔のチンボを扱きながら腰を振る。ヤバイがまんできない。大輔も
「でちゃうでちゃう、あーっ」
お尻が締まり我慢できず中出ししてしまった。



ノンケの僕がゲイに目覚めた時の話

  • by こう at 11月30日(金)14時52分
  • Number:1130145241 Length:8993 bytes

高校卒業して少し経った頃、第一志望校ではないにしろそれなりに受験時偏差値が高く有名な大学に入学した僕は、下宿先を決めて荷物を運んだ後に受験期の気晴らしも込めて1人で小旅行をしていた。小遣いを殆ど使わなかったためにかなりお金は貯まってたので自費で行こうとした(が、親から多少の援助金を渡された)。
新幹線で広島まで行って厳島や尾道とかを観光したあと、泊まり先のホテルにチェックインした。格安のものにしたから部屋はそこまでは期待してなかったが、質素ながらかなりしっかりとして綺麗だった。
夕飯を食べた後、部屋でぐだぐだしていた。温泉でも入ろうかと思ったけど、観光しての疲れやそもそも温泉入る時間がいつも遅い時間が好きというのもあったから、ベッドの上で伸びつつTVを観てた。そんな事をしていたら深夜0時頃になっていた。温泉は1時半までだったので急いで支度して温泉に向かった。深夜の時間帯だったため人は全然いなかった。ホテルの温泉で1人風呂は新鮮だった。
「ガラッ」と扉が開く音がした。
Wこんな時間に誰?W
音のした方を見ると、1人入浴しに入ってきていた。結構マッシブな身体つきでボディビルダーっぽさを感じた。
Wこんな時間にも来る人がいたんだW
そんな風に思いながら温泉にずぶーっと浸かっていた。
シャワーの音が止んで後ろからこちらに近づく音がした。先ほど入ってきた人が僕の入っている温泉に入ってきた。
「隣いいですか?」
突然そんな事を言ってきた。
いきなりだったのでびっくりしたけど、特に座っちゃダメな理由がなかったので
「いいですよ」
と言った。
隣にマッチョな人が座った。結構緊張した。別に温泉に人がいない方がいいわけじゃない。むしろ人がいる方が温泉ぽいと思うし、だからいても気にはしない。だけど今回は1人風呂の意識があったので、人がいるとなぜか緊張してしまう。
そんな事にマッチョの人が気づいたのか、
「旅行ですか?」
と聞いてきた。
「そ、そうです」
「誰かと一緒なんですか?」
「いえ、1人です」
「一人旅ですか。もしかして学生?」
「はい」
「そうですか。学生の一人旅とかいいですねー」
そんな口調で話をしてきた。そのため少しずつ緊張も和らいできて、気づいたら仲良く話していた。
そんな中、僕はマッチョの人の体について話を振った。
「体鍛えているんですか?」
「そうだよ。といってもそこまでじゃないんだけどね」
「いやいやいや、すごいですよ!」
「そうかな〜」
そう言ってマッチョの人は自身の体を見て腕を曲げたりした。少し黒っぽい肌が筋肉ではち切れんばかりに隆起した。
「けど君も結構いい体しているよ」
と僕の体を見てきた。
「そうですか?」
「肌の色綺麗だし、細いけど筋肉がないように見えないしいい!」
「あ、ありがとうございます」
なんか変な感じに褒められた。でも悪い気分ではなかった。
「いやー付き合ってる人は羨ましいだろうなー」
「そうなんですか?」
「そうだって。あっ、この後暇?」
「あ、はい暇です」
「なら俺の部屋に来なよ。もっと話したいから」
急にそんな事を言われた。特に断る理由がないのでOKをして、2人で上がった。

マッチョの人に連れられてその人の泊まってる部屋に来た。
「あれ?部屋すぐ近くだ…」
「え、そうなの?」
「部屋2つ分向こうです」
と指を指した。マッチョの人の部屋が通路の一番端にあって、その2部屋あけて僕の部屋がある。
「おー、奇跡だね」
「そうですねー」
そう言ってマッチョの人の部屋に入った。
中に入るとマッチョの人は冷蔵庫からビールを出した。
「飲む?」
と差し出してきた。
「いや、お酒はちょっと…」
「あれ?飲めなかった?」
「すいません…」
「いやいや、いいって」
そう言ってビールをごくごくと飲んだ。
「風呂あがりのは最高!」
とベッドに腰をかけた。
「それにしても本当にいい身体つきしてるよねー」
と手招きしてきた。僕は隣に座った。
「もうセックスとかしたことあるの?」
マッチョの人はなんかとんでもないことを言ってきた。
「え、せックスって」
「したことないの?」
「ないです」
「もったいないなー。そんなにいいのにー」
と言って、ビールを飲み干して僕は体を触ってきた。
「いや、あの…」
「経験ないとかもったいなさすぎるよ」
そう言ってマッチョの人は立ち上がり、冷蔵庫からまたビールを取り出して飲んだ。
「ねぇさ、ホテルにいつまでいるの?」
「えっと…明日の昼までですけど…」
「この後帰るの?」
「いえ、京都に行くつもりです」
「そっかー。それじゃあ」
とまたビール飲み干して僕に近づいて
「やっちゃおうか」
そう言って僕を押し倒してキスをしてきた。マッチョの人が唇で僕の唇を無理やり開いて舌を入れてきた。舌を絡ませて吸ってくる。同時に唾液を流し込んでまた絡めてくる。そして唇から首へと移して舐めてきた。
「んっ」
女の子のような声が出た。
「なんでこんなことをするんですか…」
そう言ってマッチョの人を離した。そうしたらその人がまた近づいてきて僕の湯浴みを解きながら
「可愛いから」
と言った。
「でも男同士ですよ?」
「男同士でも出来るよ。だって俺バイだから」
そう言って僕の湯浴みを開いた。この時初めてマッチョの人がバイだと知った。
Wやばい、犯されるW
そう思った。けどなぜかマッチョの人になすがままにされた。首を舐められて、乳首をギュウギュウと弄られても身じろぎするだけで、それ以上のことはしなかった。僕はゲイのエッチを初めてなのに受け入れてしまっていた。
「君いいね。すげぇ興奮する」
そう言って今度は僕のボクサーパンツを脱がしてきた。さっきの責めで勃起してしまったチンポが勢いよく跳ねた。
「お、やっぱりでかい!」
そう言ってまじまじと見てきた。
「16くらいはあるかな。いいもの持ってんじゃん」
「そ、そうなんですか?」
「そうだよ!可愛い顔してこんな立派なものを持って」
とチンポを触ってきた。他人に触られるのがこれが初めてだった。変に意識してしまった。
「でも俺のの方が大きいなあ」
と言ってマッチョの人が脱いで見せてきた。
その人のはかなり大きかった。太くて腹に着くんじゃないかと思うほどに反り返って、筋肉同様はち切れんばかりに勃起していた。それはボディビルダーのような体にマッチしたものだった。僕はまじまじと見ていた。そんな僕にマッチョの人は
「しゃぶってよ」
と言って腰を突き出した。しかししたことがない僕はやり方がよく分からなかった。でも待たせるわけにはいかなかったので、前にインターネットで見たAVのシーンを思い出しながらやってみた。
亀頭の部分をちろちろ舐めてから少しずつ加えていった。彼のチンポは太くて口いっぱいいっぱいに広がった。前後に動かすと唾液が次々と溢れ出ていく。そして自然と舌が彼のチンポに絡み付こうと動いていた。
「ああぁ、やば…」
「んんっ、んんっ、んんっ」
「やばい…めっちゃ気持ちいい。ぎこちないけど逆にいい…。本当はやったことあるんじゃないの?」
僕は首を横に振った。
「まじでー?だったら才能あるんじゃないの」
「んんっ、んんっ、んんっ」
「ああもう我慢出来ない!ちょっとごめんね」
そう言って僕の頭を押さえて一気に奥まで突っ込んできた。
「んんぐっ!」
喉奥にぐぐっとチンポが入ってきた。苦しくて抜こうと彼の太ももに置いた手と腕に力を入れて離れようとした。だけどそれも叶わず、頭を押さえつけられながら彼のペースでチンポを抜いたり喉奥に突っ込まれたりを繰り返された。
「ああぁイクっ!」
「んんっ!」
ああああっ、という声と共に喉奥に彼の精液が放出された。
彼の太ももを手で叩きながら声を出そうとした。だけど
「ーっ!ーっ!」
声を出そうとすると精液でむせそうになる。喉奥に出された精液は僕の意思と関係なく注がれた。
そしてようやく彼の力が緩んだところで彼のチンポから離れた。
「けほっけほっけほっはぁはぁはぁ」
「はぁ…はぁ…気持ちよかった。ごめんね、無理やっちゃって。大丈夫?」
「はぁはぁはぁ、大丈夫じゃ…ない、です…」
「本当ごめんね。ついつい…」
「ついつい、じゃ、はぁ、ないです」
息を切らしながらマッチョさんに言う僕。しかしそんな事を気にしないと言わんばかりに彼のチンポはビンビンになっていた。僕はというと、息を切らしたままベッドの上に女の子座りのようにぺったりと座っていた。体に力が入らなかった。
「立てる?」
「ちょっと…無理そう、です」
「肩貸そうか?」
とマッチョさんが近寄ってきた。そして立ち上がった僕は連れられて部屋にあるお風呂場に向かった。
湯船にお湯を4分の1ほど張って、そこまで広くないお風呂に2人で入った。
「や、本当にごめんね。あんな勢いよくやっちゃって」
そう言ってマッチョさんはお風呂の中で体を洗ってくれた。
「いえ、平気です…」
「ついつい気持ちよくて」
と足を優しく撫でるように洗ってきた。
「でも、まだ経ってますね」
背中越しに伝わる彼のビンビンのチンポを感じながら言った。
「いやー、まだ足りなくて」
「すごいですね…」
「そういえばまだ君にもしてなかったよね」
「えっ?」
「ほらまだ気持ちよくなってないでしょ?」
そう言うと、僕の太ももにあった手を僕のチンポに移した。
「いや、えっと」
「流石にイッたことないとか言わないよね?」
と言って、シャンプーでヌルッとして泡立った手でしごいてきた。
「んっ、んっあ!」
手つきが凄かった。同性ということもあってか、確実に気持ちいいところを責めてくる。気持ちよすぎて変な声が出てくる。
「んあ、はあ、あっ、はああっ」
「声も可愛い」
「はあ、やめ、あああ、ふうっ」
自分でやるより凄かった。情けない声がどんどん溢れてきて、思考もあまり回らない。そしてすぐに限界が来て
「イ、イクっ!ああっ!」
ドピュッと精液が出てきた。溢れ出た精液が自分の体やマッチョさんの手にかかった。
「はぁはぁ」
「すごっ。めっちゃ出た!」
マッチョさんはそう言うと絞り出すかのようにゆっくりとしごいてくる。そして出し切ったのを確認すると、僕の目の前に精液がかかった手を見せてきた。
「結構濃いね。しかも量も多いし」
「はあはあはあ」
「それにまだ元気そうだね」
と言って再びしごいてきた。
「ま、まってまだ!」
もう少し待って、と言おうとしたけどもう止まらなかった。マッチョさんはイッたばかりの僕のチンポをしごき続けた。さっきよりも感度が強くなっていたのかよがっていた。そして2回目の絶頂を迎えた。

その後何回もマッチョさんにイカされ続けられた。そしてそんな僕にマッチョさんは僕の顔や体に精液をかけた。気付いた時には、お風呂場には精液をかけられまくった僕がシャンプーや精液まみれになったお風呂場に横たわってるという絵になっていた。

翌日、特に何事もなくチェックアウトした僕とマッチョさんは連絡先を交換して別れた。その後マッチョさんとはまた色々とおきるのだが、それはまた今度に。


彼と3P

  • by 太智 at 11月30日(金)00時06分
  • Number:1130000620 Length:1488 bytes

なんでこんなことになってるんだろう。彼の大輔とネットで知り合った人と3Pしていた,今日は俺が大輔と35の人に掘られた。3Pが大輔と関係を続かせている。

大輔と知り合ったのは発展場だった。三カ月前に前彼と別れてから久しぶりに行った時の事だった。その日は土曜日で結構混んでいた。部屋にも廊下にも人がいた。暗い部屋はムンとする臭いと喘ぎ声に音。一旦出る。狭い入り口ではわざと触ってくる人もいる。ちょっと明るいところで待機。すると同い年ぐらいの人が通っていく。ついていくが、部屋を回ってすぐに下の階にいってしまった。しばらく待っていたがこないので、見に行こうとした時すれ違った。明るいところで見たからお互い顔がはっきり見えた。なかなかイケメンだ。すぐに後をついて部屋に入る。暗い部屋で目が慣れると一番奥で立っている。そばに近づいて横に並ぶ。彼のお尻を触ってみるが逃げない。さらに近づいてお尻を触ると向かい合うようにこっちに動いてきた。彼が俺の腰を掴み股間を重ねてきた。彼のは勃起していた。俺もすぐ反応してチンボ通し擦り合わせるとキスしてきたので引き寄せる。と、誰かが彼の後ろに立ち触ってきた。彼が俺の手を引いて空いてる布団に倒れこむと
「俺でよかった?」
「うん、君こそいいの?」
黙って噛むようなキスをされた。全裸になりすぐに逆の体勢になってしゃぶりあう。
あーチンボしゃぶってる、久しぶりだな。スゲー硬い。前彼のはデカかったけど、硬さがあまりなかったから新鮮。たまも竿もベロベロなめまくってやる。彼がまた向きを変えてキスしながら扱きながら
「キスしながらいっていい?」
俺もしっかりベロチューしながら扱いてる。 ほどなく、
「あああ、いきそう、いく」とザーメンを飛ばしたから俺もザーメンを彼に向けてだした。


飲み会後に…

  • by 将兵 at 11月28日(水)18時18分
  • Number:1128181820 Length:2300 bytes

先週末の話です。
三連休前ということもあり、職場の仲のいい若手4人で飲みに行きました。
話が弾み、気がついたら終電間際に。自分だけ家が少し遠いため楽しんでる途中で帰らなければならないことが多い。
自分が帰りますと席を立つと、
ある先輩が「泊まってきなよ。明日休みなんだし。」と声をかけてくれた。
何度か同じ状況で先輩の家に泊めてもらったことがあり、正直自分もその言葉を期待していた。その先輩は自分が入社した時に教育担当をしてくれていた人であり、大変お世話になったためなかなか頭があがらない。
そのあとまたしばらく飲み、さすがにいい時間になったため、それぞれタクシーで帰ることに。

先輩の家に着くと、だいぶ酔っていたこともありスーツのまま床に左半身を下にするようにして横になった。
そのまま眠ってしまったようで、しばらくして目が覚めた。電気が消えて部屋は真っ暗だった。
ただ、自分のすぐ後ろから鼻息が聞こえ、温かい息が耳裏に当たるのを感じた。
驚いてビクッと自分が体を動かすと、
「将兵ってホントいい匂いがする。働いてる男の匂い。」
と後ろから先輩が囁いた。
先輩は自分の後ろにピッタリと重なり合うようにして横になって僕の耳裏の匂いを嗅いでいた。
「何してんすか?」と聞くと
「将兵ってホント可愛い」と私のお尻を撫で始めた。
「やめてくださいよ」と先輩の手を払いのけると、
先輩は私の腕ごと抱え込むように抱きついてきた。そしてそのまま私の股間を触り始めた。
「勘弁してください」と立ち上がろうとすると、
「あれだけ世話してやったんだからいいじゃん」と股間をいじる手をやめない。
もう片方の手で乳首も弄り始めた。お尻には硬くなった股間をこすりつけるように押し付けてくる。

その時無理矢理振り解けばよかったのだが、なぜかもう気がすむまで触らせればいいやとされるがままだった。
だんだんと股間も硬くなり、ファスナーを下され手コキが始まった。
「舐めていい?」と聞かれてさすがにそれは嫌だったので、
「それは無理です」と断ったら手コキが一気に早まった。
男に触られてイクわけないと思っていたが、だんだんと気持ちよくなってきた。
「もっとエロい声出していいよ」と言われたが、必死で声は出ないように我慢した。
ところが、ふーっと耳元に息を吹きかけられた途端、声を上げてしまった。

そのあとも耳、乳首、股間を攻められ続けて、射精してしまった。

ものすごく恥ずかしくなり、いち早くここを抜け出したいと思い、トイレに駆け込んで精子を拭き取ってそのまま先輩の家を出た。

今週に入ってからは気まずくて業務上の会話しかしてない。
男同士は気持ち悪いとまだ思いながらも、今までで最高の快感だったため、
また誘われたらどうしようか、ものすごく悩んでいる。