携帯トップ

エッチい無茶をしたい男の子達のゲイサイト
SEXY BOYS’LIFE

PCトップ
コンセプトメニュー ゲイ養成講座メニュー ゲイチャットメニュー H体験?談メニュー 裏セクシー入口 ゲイリンク
H体験?談掲示板 長編メニュー(1) 中編メニュー(1) 編集短編メニュー 短編メニュー カスタムメニュー

 

H体験?談 旧システム移行の編集短編
友達との初エッチ体験談

[前の編集短編]← →[次の編集短編]
結城  友達と
NAO  僕と真
ゆうすけ  昨日初めて・・・
神谷U  廊下で
00  中学校のとき
とし  寮で
ken  ボクのはずかしい体験
けい  この前の土砂降りの夜。
かつゆき  オナニー初体験
律  友達と・・・

友達と

去年の冬ぐらいだったと思うけど、自分なりにすごかった。
友達Kと自分のうちでKが持ってきたエロビデオ見てなんか興奮してきちゃった。
俺は最初から興奮してたけどまさかこんなことになるなんて・・・・・
いきなりKが『舐めてみて』といってきたからもうビックリした。
俺はもともとその気だったからいいけど、まさかKがそんなこと言うとは思わなかった。
ベットにKが仰向けになって俺はKのズボンを脱がした。
kのチンポは、細めで、まだ剥けてなかったけど、先からガマン汁が出てた。
俺は舐めるのが初めてだったけど、抵抗なく出来た。Kの顔を見ると目をつむって気持ちよさそうに目を閉じていた。
俺もしてほしくなったので、『俺のも舐めてといった』
そしたらいいよと言って(ラッキー)俺のズボンを脱がしてくれた。俺の下着はシミが出来ていたけど、そんなのお構いなしに、Kは俺のチンポを舐めた。
めっちゃくっちゃ気持ちよかった思わず声を出しそうだった。
それからKのチンポを舐めて、Kを先に射精させた。
口にくわえたままだったから、すごくビックリした。
それに他人の精液を生で始めてみたからまた興奮した。
それからkにしこってもらい俺も射精した。
いつもよりたくさん出た。
今はクラスが違うけど、またやりたいな〜

 


僕と真

ども、初めまして。ナオって言います。今、高1です。
僕が、こっちの世界が気になりだしたのは中2の時です。

中2の夏休みのある日、仲の良かった真の家に遊びに行きました。
初めは、ゲームとかで遊んでいたんだけど、真が突然、「おい、これ見よーぜ!」と
1本のビデオテープを取り出して、再生し始めました。
それは、真が兄ちゃんの部屋から持ってきたHビデオでした。
初めは、「おおー、すげーっ!」なんて言いながら2人で見てたけど、そのうちに
もちろん僕のアレは、ビンビンになってしまいました。
すると真が、僕の方を見て「お前、すげービンビンじゃん!」て言ってきたから、
僕は、「自分だって!」と言い返しました。
そしたら真は、「お前ほどじゃないよ!」と言って飛びかかってきました。
僕はあっという間に押し倒され、上に乗った真は、僕のアレを触り始めました。
「やめてよー!」と言っても、真はやめるどころか、僕のズボンとパンツを下ろし、
僕のアレをじかに握ってシゴキ続けました。
「ダメ、出ちゃうよー!」って言ったら、真は「気持ちいいくせに!じゃあ、もっと
気持ちよくしてやるよ!」と僕のアレを口に咥えてしまいました。
僕は、何が何だかわからなかったけれど、あまりにも気持ち良かったので、抵抗する
間もなく、真の口の中でイってしまいました。
くやしかった(うれしかった?)ので、お返しに(お礼に?)僕は、真のズボンと
トランクスを下ろし、ビンビンだった真のアレをシゴイてイカせてやりました。
(ちなみに真は、部の先輩のアレをよくしゃぶらされていたようです。)
その日以来、僕は時々、真とそういう事をしています。
そんな事をしているうちに、だんだんこっちの世界に興味を持ってしまいました。
僕は今、一応彼女もいるし、その彼女とHもしています。真にも彼女がいます。
でも、僕と真は、今でも続いています。

あまりうまく文が書けなくてスミマセン。



昨日初めて・・・

昨日のちょうど今頃の時間のことなんだけど友達のS君がエロビデを持って家に遊びにきました
初めの内お互いはじめて見るビデオだったんで釘付けになっていたんだけどその内Sが「オレ、トイレに行って来る」と言って部屋を後にしました
5分ぐらいしても帰ってこないからどうかしたのかな?って思って覗きに行ったら、トイレのちょっと離れたとこからでもはぁーはぁー聞こえたんでこいつ我慢できず抜いてるなーって思い驚かしてやろうって感じでトントンってノックしたんです。そしたらアイツやたらビビッてすぐ出てき、早くエロビデ見よーって颯爽と二階に戻って行ったんです
(まだイッってないからずっとドアのとこで聞いててもよかったんだけどアイツに変態って思われたら不味かったんで)
二階に戻ったらさっきみたいにビデオに釘付けになっていました。「そういえばオマエ、女経験あんの?」ってさりげに聞いたら「オレまだねぇーよ」って言ってたんで
「じゃ誰からもやってもらったことないの?」って聞いたら「だからねーよッて」、「じゃオレ手でやってやるからこっち来いよ」って口がすべて言っちゃって
そしたらアイツが「おまえもしかしてあっち系なの?」って聞いてきたから「ちがうよ、ただ誰やってもらった方が気持ちいいからだよ」といういい訳にもなってないような感じで(失敗したかな?)
って思ってたら「じゃいいよ、そのかわり誰にも内緒な」とういう条件でオレが手でやるだけど出来ることになりました(今思えばトイレでも中途半端だったからってもが大きいと思う)
じゃこっち来いよってベットの端に座らせその後ろに座るような感じで抱きかかえるように脱がしました。途中Sが「電気消してくれよ」っていう意外な一面も見せてきたからオレもちょっと興奮しちゃって
電気も消さずそのままちょっと抵抗気味のSを無理やり脱がしてしまいましたボクサーブリーフ一枚になった頃にはあれの形もクッキリ浮き出てきてすごいHぽっかったですそのままボクサーの上から撫でてたら先っぽからカウパーが出てきて染みになってきたのがわかりました。どんどん興奮してきたオレはバババって全部脱がしてパクって口でやっちゃたんです。でもあいつもそうとう興奮していたらしくそのまま「すげー気持ちいいよ」
って言ってくれてうれしくなったオレはアイツの色んなところも刺激し始めました。そしたらアイツどんどん息が荒くなってきて「そんなにしたらオレでちゃうよ」ってちょっと子供っぽい口調になりそのまま「ウッ」って口の中でいってしまいました。スッゲーかわいかったよーて言ったら「お前どこかでこんなことやってんの?」聞かれちょいとあせってしまいました
もう一回やろうとは言えず昨日のことを思い出しながらひとりでHしてます・・・
あんまりエロくなくてごめんなさい

 


廊下で

同い年に桐戸って奴がいて、そいつは結構学年でも先頭立つような奴で、
去年同じクラスだったんだけど、今年はクラスが別れてこの前土曜日に
学校で会った。土曜日だから誰も居なくて、教室だけ開いてて、
「久しぶり〜」みたいな会話して・・・途中でそいつが「早く帰って抜きて〜」
って言ったから「誰もいねーしここで抜けば?」って言ったら「学校でなんか抜けねーだろ」
って言うもんだから、俺が触ってやったら勃起してて、「それにしては起ってんじゃん」
ってちょっとさすってやったら「てめーもだろ」って俺のも触ってきた。
そりゃー勃起するだろって思って・・・ついでだから「俺仮性」っつったら
「マジかよ!」って驚いたから見せてやった。
「桐戸も見せろよ」って見せてもらったんだけど、
「チンボだしたついでに抜こうぜ」とかいってしゃがんで桐戸のをしゃぶり始めたら、
「男の舐めるのかよ」ってノンケの反応見せたけど、「ケツに入れると気持ちいいよ」
って言ってみるもんだ、ケツだして、「早く入れろ」って言ってきた。
すっげー痛がってたけど、感じまくってた。
んで、それから帰りとか逆転して向こうから「お前今日しゃぶれ」とか言ってくるようになった。
「俺性処理道具じゃね〜よ」とか言いっても何気にケータイの
ムービーにしゃぶってる動画とか入ってるし、「見せるぞ」みたいに言われたら
やっぱ逆らえないのでしゃぶってます。
毎日じゃないからいいけど、たまには他の人のしゃぶりたいです



中学校のとき

俺は中学校のときやりともがいたんだ、そいつはKって言うんだ!そいつと俺が初めてやったのは、中3になってからだった。
技術の授業があってパソコンルームにいた俺とKは普通に授業を受けていた!授業が終わって友達と帰ろうとしたらふとKに目がいったんだ。
俺は友達と笑いながら言った!「こいつあそこ立ってるたん、何考えてんねん、アホちゃうん」っと友達と言って、友達とパソコンルームから出て行ったんだ!
そして学校が終わり俺は放課後Kを呼び出した!そしてトイレに入ってKに言った。「お前技術の授業の時間チンポ勃ってたやろ?」と言うとKはいきなり笑い出した!
そして俺はKに「障害者用のトイレに入れ!」と言ってそいつと一緒に入っていった!入ってすぐに俺はKに「お前しこってんねやろ?俺の前でやってみろ」と言った!
そしたらKはズボンのチャックを下ろして自分の物を扱きはじめた!シュコシュコ音を立てながらチンポを上下に激しく動かしていた!それをみていると俺のがムクムク勃起し始めたんだ!
そしてKが扱いているのをみながら自分のを扱き始めた!そして2人でシュコシュコ音を立てながら扱いていた!Kがいきなり「俺のしゃぶって〜〜」とかわいらしい声でおねだりしてきた!
そして俺はKのビンビンに立ったチンポを口に含んだ!「ジュポジュボ音を立てながら夢中になってKのをしゃぶっていた!そしたら急に俺の口からビンビンの物を抜いたかと思うとアナルを顔にちかずけてきた!
そしてケツの穴を俺の鼻に当て始めた!そいつのアナルはすごく臭くて俺のビンビンがさらに大きくなった!どんどん口へと下がってきて俺はKのアナルにキスする形になった!
そしてアナル舐め開始!俺は臭いアナルをペロペロ嘗め回した、穴に無理やり下を押し込んでペロペロ舐めた!
Kは「あっ、いい〜、もっとぉ〜、」と言いながら穴を俺の口に当ててきた!
そして俺も「Kのアナルいぃ〜〜おいしいよ〜」と言いながら嘗め回した!Kはアナルを僕の口からはずして今度はチンポを口に含ませてきた!
僕は半立ちになったKのを口に含んだ!クチュクチュとやらしい音をたてながらFした!途中で俺はあえて口に含ませるだけで何もしなかった!そしたらKは自分でで腰を動かしながら僕の口で楽しんでいた!
Kの「あっ、いく〜」と言う声と同時に大量のザーメンが僕の口に発射された!僕はそれをすぐに吐き出した!
そのあと僕は「自分だけ楽しむな!」と言ってKの口にビンビンに勃起したチンポを入れた!
Kは夢中になってしゃぶっていた!だんだん気持ちよくなってKの口の中に大量のザーメンを発射した!
そして俺とKは服を着て帰っていった!



寮で

中間試験が終わって家に帰ってきてる寮生です。ここに書けるような体験をしたんで報告します。
先週試験前に寮長が突然部屋替えをしてバレー部の聡と同じ部屋になった。同じ学年(高2)だけどクラス違うし話したこともないやつだった。部屋替え一日目の夜、俺は当然試験勉強してるのに、聡は堂々とエロ雑誌読んでた。「余裕やね」って言ったら「どうせわからないから」とか言ってるから、俺は無視してた。そしたら「何時頃寝るの?」って聞かれて「12時半くらいかな(消灯はいちお12時)」って答えたら、「あっ、俺毎晩それくらいににシコるけど気にせんでね」と言われてビックリした。当然俺は聡がシコってる姿が頭に思い浮かんで勉強に全然ならなかった。
結局消灯時間になったらベッドに入ったけど眠れるわけなくて、俺は寝たふりして反対側の聡のベッドをずっと見てた。そしたら10分くらいしたら聡がベッドの中で動き始めてドキドキしてきた。最初聡は布団かぶったままごそごそしてたけどすぐ布団をめくったので暗いけどどうやってるかもろ見えになって、もう見てるだけで俺はイクんじゃないかって思うくらいコチコチに勃起した。聡は右手でチンポをしごきながら左手で亀頭をもんでいて、時々小さい声で「フウっ」とか「アウ」とか言ってる。
俺もトランクスの中に手を入れてチンポ触ってて、思いっきりしごきたくてたまらなかった。そしたら突然、「とし、起きてるんやろ?」って聡が言ったので心臓が止まりそうになった。黙ってたら「さっきからお前息荒いやんか」って言われた。仕方ないから「試験前でシコってなくてつられて興奮して」って言ったら「バカじゃないの。ちょっと待って」って言って聡はチンポ立てたままベッドから出て、自分の机の引き出しから何か出して俺のベッドの方に来た。聡のチンポが目の前まで来てチンポにコンドームをつけてるのに気がついた。聡は机の中から出してきた袋を破ってコンドームを出して俺にくれた。俺はいそいでトランクスを脱いでコンドームを付けようとしたけど初めてでもたついてたら「どん臭いやつやな」って言いながら聡が手伝ってくれたんだけど、俺は勃起したチンポを人に触られたのは初めてでコンドームが亀頭にかぶったくらいで「出る、出る」って言ってしまった。そしたら聡が「はい、極楽でえす」と言ったかと思うと俺のチンポを口に入れて...。その後俺は聡のをFしました。聡はホモじゃないけど合宿とときに先輩のチンポをなめさせられたりするので男同士でもOKだそうです。明日の夜、寮に帰るのが楽しみです。

 


ボクのはずかしい体験

ぼくの超はずかしい話を聞いてください。ぼくはHな予備校生です。寮生活(もち男子寮)をしてます。つい先週のことです。いつものように予備校がおわって、寮にもどって自分の部屋でエッチ本(女子校生のムッチリブルマーとか)を見ながらシコシコしてたときのことです。いつも一緒に通ってる友人が部屋に遊びに来ました。(やべ、今いきそなのに・・・)しかたなく、ぼくはちんこをトランクスのなかに押し込み、Gパンのチャックを上げながらその友人Kを部屋にいれました。Kは「なに?エロ本みてたの。」とさっきぼくがおかずにしてたH本を手に取って見始めました。Kは「うあ、この子かわいいじゃん。このぷりぷりのケツたまんねよお」といいながら、ページをめくっていきました。ぼくもさっきいきそうだったちんちんがもうびんびんだったので、Kと一緒に食い入るようにグラビアに見入ってました。そのうち、ボクのおしりに何かあたってるのを感じました。見ると、Kの手がボクのおしりにのびていました。ボクはタイトジーンズが好きでピチピチのジャストサイズではくので、はずかしいけどおしりはいつもバッチリクイ込んじゃいます。「おい、ふざけんなよ。」といって、ボクはKのてを払いのけようとしました。すると、「俺のケツもさわれよ。」そのうち、Kの手は、ボクのビンビンになってたちんこをさわりだしました。「ああっ、あんああ、」ぼくははずかしい声をだしてしまいました。するとKはボクのおしりをGパンの上からもみくちゃにもみました。ボクもHな気持ちになってしまい、Kのおしりをさわりまくりました。Kはその時黒の501をけっこうピタピタではいてたのでおしりの食い込みがボクの理性をなくさせました。その後、KはボクのGパンを脱がせて、ビンビンになったちんコをくわえ込みました。「ああ、あああん、気持ちいい」とあえぎながら、あっという間にぼくはKののどの奥に「ドピュドピュッ」と大量発射して果てました。Kはボクの精液をゴクゴクともみほしました。「俺のも気持ちよくして」といってGパンからちんこを出して、ぼくの口に押し込みました。ぴちゃぴちゃ。「おまえ、うまいよ」Kは急にボクの口からちんちんを引き抜くと、ボクを四つんばいにしました。「おい、まてよ、それはかんべん」とボクが言い終わらないうちに、Kの太いものがボクのアナルを貫きました。「うあああっいたあああい」「やめ・・・」Kはものすごいピストンの末ボクのなかに出しました。四つんばいになってたボクのアナルからKの精液がしたたり落ちました。それを見て興奮したのか、今度は正常位でKとHしました。結局、その日、ボクはKに4回もなかに注入されてしまいました。

 


この前の土砂降りの夜。
突然友達が来ました。傘が無かったらしくビショビショ。
玄関の脇が風呂場なんで玄関で全裸になってシャワー浴びてました。
「下着ある?」と言われても俺はローライズ系しか持ってないので
新しいやつを渡しました。
「お前ってこれしか穿かないの?ゲイだったりして(笑)」
ふと言われた質問に躊躇無く「バイだよ」と言ったんです。
一瞬の沈黙の後「俺もバイなんだ」って言って抱きついてきました。
そしてキス。キスすると自分ってすぐ立っちゃうんですよ。
すぐに分かってジーンズ脱がされました。ローライズの上から触られて、
はみ出し状態に。友達はすぐにしゃがんでフェラしてきました。

速攻でベッドへ行って続きを。友達のもフェラしました。
友達はバイ&ネコらしく、「入れて」って言ってきました。
ゴムとローションを引出しから出して、指でほぐした後に組体操開始。
バックより騎乗位が好きらしく、友達自身マジに腰振ってました。

それから週2ヘースでHしてます。
ちなみにどっちも彼女いるんですよ。
でも男の方が気持ちいいです。



オナニー初体験

  私の初めてのオナニーは中学1年の時、友達に教えてもらった。どうゆう風にかと言うと「いきなり、見せっこ」です。
 私はクラスの中であせっていた。教室の隅っこで野郎7,8人が小声でヒソヒソ喋ってる。「昨日***でオナニーした」とか「隣のクラスの****の乳でオナニーした」とかみんな自慢げに喋ってます。私はその当時オナニーなんかした事無く、「こんな恥かしい事、人に聞けない」し「困ったなぁ」と自問してました。そこで一番の仲良しで「大人しそうで、押しに弱い」祐一.K君に頼んでみようかと思いました。
   夏休み中のある日、祐一君の家に借りたマンガ本を帰しに行き、ついでに彼の部屋でサンデー(確か)を読んでる時に思い切って「オナニーの仕方教えて!」と頼みました。祐一君の反応は「そんなの知らないの?」でした。私は茹でダコ状態、祐一君も赤面で俯いてました。しばしの沈黙の後、祐一君が小さな声で「こっちに来て」と言います。
申し訳無さそうにくっ付いて行くと風呂場に面した脱衣所&洗面所です。彼は恥かしそうに服を脱いでいきながら「かつゆき君も脱いでよ」と言うので私もチンポを隠すように服を脱ぎました。ちなみに彼は一人っ子で両親は共働き、夜19時過ぎじゃないと戻ってきません。

  彼はモジモジしてましたが、意を決するとタオルで隠してたチンポを露出すると、まずチンポを上下に振ったり金玉を揉んだりしてチンポを半起ち状態にします。湯船に腰掛けるとチンポを扱き出しました。「チンチンが起つでしょ、そうしたらチンチンを持って手でこうゆう風にするんだ」と言います。「かつゆき君もやって見て。」と言うので私も彼がやって見せた様にチンポを扱き出しました。雄一君はチンポを扱きながら自身の性の秘密を教えてくれました。
オナニーを始めたのは小学3年の時で、お風呂でチンポを洗ってる時にヘンな気持ちになって弄りまわしてるうちにイッたそうです。そのせいもあってお風呂でオナニーをしてるとか、週3回してるとか、色々教えてくれました。雄一君は「クラスの***チャンや*****さんのオッパイの事を思い浮かべながらオナニーすると気持ち良いよ」と言いますが、私の方は、はじめて見る勃起した男のチンポから目を逸らす事が出来ません。
  2人とも荒い息でオナニーをしてるうちに雄一君の態度がおかしくなりました。ひたすらチンポを扱いてると、「かつゆき君、でちゃうょ」と言います。「えっ、何?」と言うと「我慢できない」と言うと立ち上がりました。そして私の方に1、2歩近付くと、「はっ!はっ!出るでるよっ」と声を抑える様に叫びながら身体を震わせます。
そしてチンポの先から白い液体がポタポタ落ちてきます。雄一君はまた湯船に腰掛けると「気持ちよかった」とポツリ。私がさっきの白い液体の事を尋ねると「其れが精液だよ。チンポが気持ち良くなるとチンポの先から出てくるんだ」と言います。そして彼は私に 「僕も見せたんだから、かつゆき君もやってよ」と言います。私のチンポも痛いくらいに勃起してます。私も雄一君と同じように扱き出しました。
  1分くらいしてチンポから何かが上に上がってきます。私は「雄一君、チンチンが なんか変だよ」と言います。彼は「そのまま扱き続けて」と言います。彼の言うとうりに扱くとチンポがますます変な気持ちになります。そして私は「うぅーーーーー」とうめき声をだしてるうちに、チンポが爆発しました。しかし精液が出ません。まだ精通してなかったのです。
「何で精液出ないの?」と言うと雄一君は「精通してないんじゃない」と赤面顔で言います。
とにかく汗をかいたので彼と一緒に風呂に入り家に帰りました。帰ってからオナニーしました。

  彼との「見せ合い」は2,3回続き、9月に精子が出る様になると、真っ先に雄一君に報告すると早速、彼の家で「オナニー見せ合い」をやりました。射精する私のチンポを彼は興味深く見てました。
その後、彼とはスケベ友達となりましたが、あくまでも女性が性欲の対象でした。
私がこの道に進むようになったのは高校生になってからですが、それはまた別な時に

 


友達と・・・

今年の冬に、俺は友達のKの家に行った。
Kとは昔からの友達で、その日は一緒にゲームをする約束をしていた。
俺がKの家に行くと、俺たちの仲間のUもいた。

しばらくしてゲームを始めた。
最初はKとUと俺の三人で盛り上がっていた。
ふと気がつくと、ゲームに飽きたのか、UはKの布団の中に入って本を読んでいた。
俺とKもゲームを止め、お互いコタツに入って本を読み始めた。

最初、俺はKの横に寝転がっていたがKがしつこく俺の胸を撫で回すから俺は反対側へと移った。
少しして、本に読み飽きた俺はうとうとしてきて寝転がった。
Kは既にお休みモードだった。
そうかと思いきや、コタツの中ではKが足をバタバタしていて起きていた。
「なんだ、寝てないのか!」と思って俺はKの足を軽く蹴った。
すると、Kも俺の足を蹴り返してきた。
しばらくの間、コタツの中で小さな喧嘩(蹴り合い)が続いた・・・。
喧嘩に飽きた俺は蹴るのを止めた。
すると今度はKが俺の股間を軽く蹴った。
俺はビックリして「ちょっ、何すんだよ〜!」と言い蹴り返した。
最初は冗談だと思っていてやっていたら、いきなりKは自分の足で俺の股間をなで始めた。
足の指で亀頭まで器用にいじりだした。
俺はKの行動に驚いた。けど、気づくと俺のモノは勃起していた。
Kはそれに気づくと、俺の足をKの股間に持っていった。
俺がKのモノに触れると、Kのも大きく膨れ上がっていた。
俺はそれに興奮して、Kのモノを足で優しく撫でてやった。
その時だった、俺たちの妙な行動に気づいたのかUがコタツの近くにやってきた。
「お前ら何やってんの?」と言い、コタツ布団をめくり上げた。
とっさに俺たちは足を跳ね除けた。すごくドキドキした。
「足の蹴り合いしてたんだよ。」とKが言うと、Uは「変なやつら!」と言い、俺たちの間に入ってきた。
俺は、変なドキドキもこれで終わりだなと思った。
するとKは、「U!こっち来んなよ。入るんだったら反対側行ってくれ!」と言った。
俺は心の中でえー!?っと思ってしまった。
Uは「何だよー!変な奴ぅ!!!」と言いしぶしぶ反対側のコタツに入った。
すると、再びKの足は俺の股間に近づいた。
何かに気づいたのかUはコタツ布団をまたまくりあげた。
Kはとっさに俺の足に足を重ねてこう言った「お前しつこいなぁ!寒いから足くっつけてるだけだよ!」
と言うと、Uは「なんか怪しいんだよね。」と言って大人しく本を読み始めた。
Uの悪戯が収まると、Kはまた愛撫を再開し始めた。
俺も、Kのモノを愛撫してやった。
えらく周りが静かだと思ったら、Uはぐっすりと眠ってしまっていたのだった。
それに気づいたKは俺をコタツから引きずり出そうとした。
俺はこのままだと犯っちまう!!!と思って体に力を入れた。
けど、Kの力は俺より圧倒的に強くて俺はコタツから引きずり出されてしまった。
そして部屋を出て、トイレに入って俺のズボンを脱がし、Kのモノを入れてきた。
初めてなのにいきなり入れられて、情けないことに俺は泣きじゃくってしまった。
でもすごく気持ち良かった。気が狂いそうで、何度も何度もKの名前を呼んだ。
Kも何度も俺の名前を呼んでくれて、最後にキスをしてくれた。
その後、涙目のうえケツが痛くて動けなかった俺のことを、Uに階段から落ちたと誤魔化すのに大変だった。

それ以来、俺とKとのそんな行為はそれっきりになってしまった。。。

 


[前の編集短編]← →[次の編集短編]
  →[ゲイ体験談 編集短編メニューに戻る]