ゲイ英語講座 抄訳
The Paperboy...Collects

Subject: The Paperboy...Collects (man/boy)
Date: 11 Nov 1994 03:48:53 -0000
Organization: Delphi Internet Services Corporation
Lines: 233
Message-ID: <39upj5$>



This story is from the archives of Fan Cha Phaw. This story might have appeared previously on the net, or in other publications.
This is an adult fiction story, which consists of sex and sexual scenes between men and boys.
If this type of story offends you, or your community standards, exit now and do not continue reading.
If you are under the age of 18 (in the US), or under the age in your country to read such stories, exit now and do not continue reading.
Fan Cha Phaw does not condone the actions of the actors in this story. Fan Cha Phaw does not condone the breaking of any laws.
We can be reached at
PLEASE REMEMBER that all repost requests, comments, and discussion belong on, and not on the discussion thread.



"Hi Uh...Mr. Frazier?" the little blond asked as I opened the door.
"Yes, can I help you?" I answered.
My eyes gazed at the boy before me. The kid was wearing tight red nylon short-shorts that hugged him in all the right places, a yellow Tee-shirt that was cut off just below the nipples, white sweat socks, and a pair of high-top sneakers, untied of course.


ドアを開けたら、「こんにちは、フレイザーさん?」と、小柄な金髪の子に聞かれた。 「そうだけど、なあに?」 私は目の前の少年を見つめた。 少年は、大事なところにピッチリとまとわりつく赤く短い短パンと、乳首のすぐ下で切り取った黄色いTシャツ、白いソックスとヒモを結んでいないハイトップスニーカーをはいていた。

"I'm Ricky Wood," my pint sized dream boat replied. "I'm your new paperboy, and I'm here to collect for June."
"Well Ricky, some on in." I said as I opened the door for the blue-eyed hunk. "Have a seat while I fetch your money. How much does it come to?"
"Eight dollars and forty cents," Ricky said plopping himself down on the sofa.

「僕はリッキー・ウッド。 新しい新聞配達で、6月分の集金に来ました。」と魅力的な男の子が言った。 「ああ、リッキー、ちょっと中に入って。」 青い目のセクシーな男の子のためにドアを開けた。 「お金を取ってくるから座って待っていて。 いくら?」 「8ドル40セントです。」 リッキーがソファーに身体を落としながら答えた。

dream boat:すばらしく魅力的な異性

"Would you like a coke or something?" I asked.
"Yeah, I'm wiped," the kid replied. "A coke would be great Mr. Frazier."
I left the prince to himself and went to get his money and coke. I took a soda from the fridge, and took my wallet from the top of the icebox. My hands were shaking as I removed a twenty. I also noticed that I was starting to perspire. Damn! What this boy was doing to me. He's just a kid you fool! Control yourself!

「コーラか何かを飲む?」 「うん、疲れちゃった。 コーラが良いな。 フレイザーさん。」 私は王子様を好きにさせておいて、お金とコーラを取りに行った。 冷蔵庫から飲み物を出して、アイスボックスの上にある財布を取った。 震える手で20ドル札を取り出した。 私は汗をかいていた。 ああ! あの子は私に何をさせようとしているのだろう。 彼はまだ子供だぞ。 自制しろ。

be wiped:疲れ果てている
left the 0 to 0self:0を思いどおりにさせる

"Here you go Ricky," I said as I returned to the living room, handing the young stud the twenty. "Keep the change."
"But Mistuh Frazier," the boy said wide-eyed. "This is a twenty."
"I tip well for good service Ricky." I said sitting down next to the lad. "And, by the way, call me Tom."

「はい、どうぞ」 私はリビングに戻って、エロガキに20ドル札を渡して、「お釣りはいらないよ。」と言った。 「でも、フレイザーさん、これは20ドル札だよ。」と少年が目を見開いて言った。 「良いサービスへのチップだよ。」 私は少年の横に座って言った。 「それから、わたしのことはTomと呼んで。」

Young Mr. Wood told me how he picked up the route two weeks ago when his friend, Johnny, quit. Ricky said he just turned thirteen, and would be starting the eight grade in the fall.

ウッド少年は、友達のジョニーが2週間前に辞めたときに、新聞配達のルートを譲り受けた話をした。 リッキーは13才になったばかりで、秋には8年生になると言った。

While the teenager was talking, I would glance down at the crotch of his skimpy shorts, when I was sure that he wasn't looking at my eyes. That little lump that was pressing against the red nylon was having a delightful effect between my own legs. The baby smooth thighs, and the...Wait a minute! Control Tom! The word is control.

少年が話している間に、私は彼の目を盗んで、小さな短パンの股間をチラチラ見ていた。 赤いナイロンの短パンに押しつけられた小さな膨らみは、私の足の間に良い影響を及ぼしていた。 少年のスムーズな太股‥‥ ちょっと待て! トム、自分をコントロールしろ! 私は自制心を取り戻した。

"Uh Tom?" the kid said.
I glanced up into the boy's face, and saw he was looking into my eyes. Ricky knew I was checking him out!
"I, uh...think I better be going," Ricky stammered. "Thanks for the tip and the coke."
Before I knew it, the little blonde star was off the couch and out the door. I screwed it up! I scared the boy away for good!

「えーと、トム?」 少年が言った。 少年の顔を見ると、彼は私の目を見ていた。 リッキーは、私が見ているのに気付いた! 「もう、行かなきゃ。」とリッキーが口ごもりながら言った。 「チップとコーラをありがとう。」 あっという間に、小さな金髪のスターは、ソファーから立ち上がってドアから出ていった。 私は打ちのめされていた。 少年を失ってしまったかのではないかと怯えた。

for good:永遠に


A month later Ricky was back to collect for July. The young number was wearing those same nylon shorts. Just shorts, nothing else! Mercy! I would have drooled a gallon of saliva if my mouth had not been closed.


1カ月後にリッキーは7月分の集金に来た。 少年はあのナイロンの短パンをはいていた。 短パン一枚だけで他には何も着ないで! ありがとう! もし口を閉じることができなかったら、私は1ガロンのよだれを垂らしていた。


"Hi Tom," the youth beamed. "I'm here to collect for July."
I turned to go and get Rick his pay, when he said, "Aren't you gonna invite me in for a coke? It's hot as hell out here, and I'm super thirsty."
MY paperboy was grinning from ear to ear, showing off his dimples. This can't be the same boy who for the past four weeks has delivered the paper, and then jumped on his bike, and peddled as fast as he could out of my driveway, so that the man with wandering eyes wouldn't be able to gawk too much.

「こんにちは、トム。 7月分の集金に来ました。」 私がお金を取りに行こうと後ろを向くと、リッキーが「コーラを飲ませてくれない? 暑くてすごくノドが渇いているんだ。」と言った。 私の新聞配達は、大きく笑ってえくぼを見せた。 この少年は、4週間の間、新聞を届けたらすぐにバイクに飛び乗って、すごい勢いで去ってしまって、視線の定まらない男が見つめることもできなかった少年と同じ少年だろうか?

"Yeah, sure. Come in," I said somewhat shocked.
The tanned, bare chested teenager led me into the living room, his buns swaying back and forth in their clinging nylon confines. I caught the sweet scent of boy sweat coming off of Ricky which, of course, sent blood rushing straight to my penis. Yes, the kid had worked up a darn good sweat running around, half naked in the July sun, much to my benefit.

「いいよ、中に入って」 私は少しショックを受けて言った。 日焼けした上半身裸の10代の若者は、ナイロンの短パンがペッタリ張り付いた尻を前後に揺らしながら、私の前を歩いてリビングに入った。 リッキーの汗の快い臭いにひきつけられて、血がまっすぐに私のチンコに注ぎ込まれた。 少年は、7月に太陽によって、半裸の身体に流れる良い汗で、私を興奮させた。

worked up:興奮させる

"Man, I smell like a cow!" the youth grinned. Ricky was looking right into my eyes as he dropped his small frame into the sofa, spreading his hairless legs in the process. "Maybe somehow I can earn an even bigger tip this time, huh Tom?"

「おじさん、僕は牛みたいな臭いがする。」 少年がにっこり笑った。 リッキーは、ツルツルの足を広げて、小さな身体をソファーに降ろして、私の目を見た。 「もしかして、今度も沢山のチップを貰えるかな、ねえ、トム?」

"Sure...yeah," I stumbled. I couldn't help but stare between the thirteen year old's wide spread thighs. Ricky wasn't wearing any underpants, I soon found out, as the tip of his boyhood poked thorough the leg of those tiny red shorts.

「もちろん」 私はまごついた。 私は大股開きになった13才の少年の足の間から目が離せなかった。 リッキーはノーパンで、小さな赤い短パンの裾からチンコの先が突き出しているのに、すぐに気がついた。

"Ooohsssssss, excuse me!" The boy pushed his cock back into it's nylon security, while he looked up at me with a daring smile.

「あーっ、ごめんなさい!」 少年は、私を見上げて大胆に笑いながら、短パンの中にチンコを押し込んだ。

"Uh...let's see," I forced. "Eight-forty, right?"
"You got it Tom," the young stud answered.
I left the room at full mast. The kid knew it too, as I saw his baby blues take a quick glance at my groin, and then return to my eyes, giving me a hot little wink! I was cooked! The hell with self control!

「えーと、8ドル40セントだったよね?」と無理に話しかけた。 「そうだよ、トム」とエロガキが答えた。 私はズボンにマストをたてて部屋を出た。 少年もそれを知っていて、私が少年の目を見ると、私の股間をチラっと見てから、私の目を見て熱いウインクをした! 私はマリファナに酔ったようだった! 自制心なんてクソ喰らえ!

baby blues:目
hell with 0:0なんかクソ喰らえ

He was not going to leave until he got laid. Who was seducing who here? Last time he was so eager to leave and today he comes half naked, and he's sitting in there right now waiting for me to make a move.

彼は新聞代を受け取るまで帰れない。 誰が誰を誘惑しているんだろう? 少年は、この前は帰ってしまったのに、今日は半裸で来て、座って私が行動を起こすのを待っている。

I returned and handed the pretty blond a fifty dollar bill.
"Gosh," Ricky gasped. "Thanks Tom!"
"Don't mention it," I trembled.
"Can I take a shower?" he asked politely. "I could sure use one!"
"Sh-sure," I blushed beet red.
"Ya, wanna shower with me?" Ricky grinned as he gave his basket a squeeze. "Saves water y'know."

私は戻って、金髪のカワイイ子に50ドル札を渡した。 「えっ」リッキーが息をのんだ。 「ありがとう、トム!」 「どういたしまして」 私は不安になった。 「シャワーを借りて良いですか?」と彼が丁寧に聞いた。 「使わせて貰えるとうれしいんだけど!」 「ど、どうぞ!」 私は顔が真っ赤になった。 「一緒にシャワーを浴びる?」 リッキーは、短パンの膨らみを揉みながら、にっこり笑った。 「節水になるよ」

could sure:いただけるとうれしいのですが

"Ah...ah no, showered just before you came," I stammered like I was the teenager. The kid was asking for it, and here I was acting like a frightened child!

「ああ、イヤ、私はキミが来る前にシャワーを浴びたばかりなんだ」 私は10代の少年のように、どもって答えた。 少年は求めていて、私は怯える子供のように行動していた!


"TOM!" Ricky yelled from the bathroom. "Would you dry my back, please?"
"Yeah, sure," I croaked. I thought I would pass out from lust as I went in to dry off the horny teen.


「トム!」 リッキーがバスルームから叫んだ。 「背中を拭いてくれない?」 「良いよ」 私はしわがれた声で答えた。 私はエロい10代を拭きに行ったときに、性欲で気を失いそうになった。

Ricky was standing with his back to me, his nude, pear-shaped boy buns greeting me as I entered the bathroom. I grabbed a soft cotton and started at the top of the youth's shoulders, and slowly worked my way down his lean back.

リッキーは、私がバスルームに入ったときに、背中を向けて、裸でナシの形をした尻を見せて迎えた。 柔らかいコットンをつかんで、若者の肩から、ゆっくり痩せた背中を拭いていった。

Moving the boy's armpits, I rubbed then dry, which produced an excited giggle from the sexy youth. Going farther south, I came to the kid's smooth, cheeky ass. I encased the little globes in the soft cloth, and lightly massaged them.

腋の下を拭いたら、セクシーな少年は興奮した忍び笑いをした。 もっとすすんで、少年の滑らかで生意気な尻までいった。 柔らかいタオルで、小さな地球儀を包んで、軽くマッサージをした。

When Ricky didn't protest, I began to dry the hot bubble butt in earnest. Slipping the towel in between the milky cheeks, I dried up and down until I was sure that no damp skin remained.

リッキーが嫌がらなかったので、私はしっかりと尻を拭き始めた。 乳白色の尻の頬の間を、湿っぽさが無くなるまで、タオルを上下に滑らせて拭いた。

"Mmmmmm," the youngster moaned as I dried his private, pink hole.
I went to my knees and ran the towel down the boy's smooth legs, starring straight ahead at his ass the whole time. I longed to bury my face between those warm and cozy buns.

私が、ケツの穴を拭いたときに、少年は「んーんっ」と喘いだ。 私はひざまずいて、彼の尻を目の前で見ながら、滑らかな足の下の方へタオルを動かしていった。 私は暖かくて気持ちよさそうな尻の間に、顔を埋めたかった。

"Want me to do your feet too?" I asked innocently.
"Sure." Ricky said in a hoarse whisper. "Do whatever you want."
"Turn around," I instructed. The hot teenager was mine! Ricky's cock was hard. All four tasty inches pointed north, and a drop of boy goo clung to the kid's piss slit. It was all I could do to stop from stuffing that young rod into my watering mouth!

「足も拭く?」 私は下心なく聞いた。 「もちろん」 リッキーはかすれた小声で言った。 「好きなようにして」 「前を向いて」 この少年は私のモノになった! リッキーのチンコは堅くなっていた。 4インチのおいしそうなチンコは上を向いて、尿道にはベトベトした滴がついていた。 ツバで一杯になった口に、少年の棒をくわえないようにするのがやっとだった。

I was toweling off Ricky's tummy when I simply couldn't take it anymore. My lust had taken control. I dropped the cloth, and took that throbbing woody into my hand. The boy cock was just inches from my face.

リッキーのお腹をタオルで拭いているときに、もう耐えられなくなった。 私は性欲に支配されていた。 私はタオルを落として、ピクピク動く木のようなモノを手に取った。 少年のチンコは目の前にあった。

can take it:(困難に)耐える

Ricky was leaking his love juice like a broken faucet. A drop of the teen's precum rolled down the head, and along the length of his cock, wetting my hand.

リッキーは、壊れた蛇口のように先走りを垂らしていた。 少年の先走りが亀頭から垂れて、チンコを伝わって私の手を濡らした。

"Suck it," Ricky whispered. "Oh please, suck me off Mr. Frazier."
I leaned forward with my tongue leading the way. "Mmmmm," two voices moaned in unison.

-The End-

The previous story was presented by
Fan Cha Phaw. We can be reached at

「しゃぶって」とリッキーがささやいた。 「ああ、お願い、フェラをして、フレイザーさん」 私は舌を突き出して、前屈みになった。 「うーんっ」と2人が同時にあえいだ。