SEXY BOYS' LIFE
H体験?談
過去ログ(L133-1/6)
奴隷さんの体験?談
(体育教師の奴隷)

→[PC版]



体育教師の奴隷1

どうも奴隷です。僕が高校生の時の話をさせてもらいます。
高校始まってすぐのこと友達と授業サボってるとこをラグビー部の顧問(すごい筋肉で背が高く少し強面でとっても厳しいけどその中にある優しさで他の生徒からは信頼されてます。)に見つかってしまい、すごく怒られました。でもそんな時でもMっ気のある僕は怒られてることに興奮してしまいまして勃起してしまいました。それに気づいたラグビー部の顧問はそれに気づいたようで僕だけ放課後呼ばれました。誰もいない体育科職員室で二人っきりで怒られると思っているとキスされました。驚いて後ろに下がろうとすると太い腕で逃げられないように抱きしめてくださいました。それから舌を絡める長いキスをしました。それだけで勃起してしまいました。それに気づいたようで僕のちんこと先生のチンコ一緒にごついてで扱いてくれました。すごく気持ちくてすぐにイってしまいました。僕の学生服についた精子を指で全部取ると舐めてくれました。やばい人だと思ってるとそのままキスして僕の精子を僕の口に入れてきました。全部入れられてだそうとすると。
先生『出すな、飲め。』
僕は言われるがまま飲みました。苦くて喉がイガイガしました。
先生『いい子だ。お前がゲイだったとはな。怒られて勃起するとか変態だな。そういうやつ好きだぞ』
僕『先生もゲイなんですか?』
先生『あぁ、生徒に手を出してはいけないとわかってても、お前を見て我慢できなかった。』
僕『嬉しいです。僕も先生好きです』
先生『俺も、お前が好きだ。でも』
と少し残念そうな顔をしました。
僕『誰にもいいません。先生といろんなことしたいです。』
先生は何も言わずにキスをしてくださりOKなんだと思ったら
先生『俺もお前と色んなことしたい。俺の奴隷になれ』
とかなり怖い顔をして言ってきました。
僕は、奴隷になれるという嬉しさで何度も頷くと
先生『ホントか?ほんとにいいんだな、甘い気持ちならやめてくれよ』
僕『はい。本気です。本気で先生の奴隷になりたいです。先生のためならなんでもします』
と言うと先生嬉しそうに強く抱きしめてくれました。僕もそれに答えるように抱きしめました。
その後先生は僕に先生の奴隷としての心得をお話になってくださいました。
二人の時はご主人様と呼ぶこと、僕には人権はなく返事は全て『ウッス』以外は禁止、先生のためならなんでもすること、先生がゲイだということを他言しないことなどいろいろ教えてくださいました。
もし一つでも破ったらきついお仕置きがあると言われこれが奴隷なんだと不安と恐怖と好奇心と興奮でおかしくなりそうだった。その後またキスしてくださり興奮さめやらぬまま帰りました。
これから僕はこの先生いや、ご主人様の奴隷としての生活が始まりました。



1.次 2.skip
9.長編メニュー 0.トップ