H 体 験 ? 談 掲 示 板


  • 《↑前のページあり》

サークル合宿6

  • by ガンガンゲイ at 1月16日(火)06時10分
  • Number:0116061045 Length:1689 bytes

K先輩が俺に近づいてきて、先輩が俺の手をひいて、ガン飛ばしてました。
先『やめてください。』
K『お前らできてんだろ、お前の奴隷何だろ?さっき×美のおっぱい見たからムラムラしてんだよ。掘らせろよ』
先『やめてください』
K『うっせーな、売り専のバイトしてるの知ってんだよ!ホモとか気持ちわりー、ガン、ケツ出せ!』
俺のケツを掴んで入れようとしたときに先輩がごめん〜とか泣いてました。
普段、温厚であんまり切れない自分ですが、カチンときて…
俺『K先輩…あんたがいやがってるホモ行為ですよ。それと、売り専は仕事と思って割りきってやってます。1回3万です。払ってください』
K『…』
俺『俺のケツを掘りたいなら払え!嫌なヤツとか気持ち悪いヤツとかと我慢してしゃぶったりケツ掘られたりしてんだよ!俺とやりたいなら3万です。』
先輩が手を引っ張ってやめろって俺の事を…止まらなくなっちゃった(笑)
K『Rと覗いていてやってんの見てたんだよ!スキー場でもしゃぶったりしてたの知ってるから』
俺『だからなんですか?俺のケツを掘りたいなら3万!!』
K『もういい!』民宿に帰った。
先輩がごめんごめんって泣きながら。
Kは俺らがたまにやってるのを知っていて俺のことを貸せ貸せって
言われて断っていたそうで…
俺『大丈夫ですよ…先輩』守ってくれたんだって感じ
先輩…チュー。自分からしたのはたしかこの時が初めてです。
泣いてた。服を着て民宿に戻ると、Kはイビキかいて寝てる。
一緒の部屋は嫌なので、布団持って大部屋で抱き合いながら寝ました。
朝、大変でした。
がんちゃんここで寝てたの?朝めし!!
そうだ!ゲームで負けて朝飯作らなきゃ!
女子二人と朝飯用意。寝ぼけながらバタバタ。
タケシン(先輩のあだ名ね)と付き合ってるの?
先輩はゲイだとカミングアウトしていて殆どサークル仲間は知ってました。
×美『私、振られたんだよね…知らなかったから。うまくやんなよ。あと、もてあそぶなよ。デリケートだから』
俺、怖ぇ! なんか気まずいまま朝飯。


サークル合宿5

  • by ガンガンゲイ at 1月14日(日)22時32分
  • Number:0114222826 Length:1098 bytes

K先輩のイビキうるせぇ!隣に寝ていた先輩がツンツン。
先『なぁ起きてる?』俺はハイ。なぁってやりたがってる感じ。
ゴロって転がって俺の布団に入ってきた。俺の事をワニのデスロールレベルで、
アナコンダか!って感じで抱きしめてきた。若干泣いてた。何だろ?って。
キスされて、浴衣剥がされ、しゃぶられて…気持ちよくて…
ヤバいヤバい!みんな近くにいるにし…
俺『先輩…出掛けましょうか…』
坂を下ったところに公衆温泉に…。二人で入ってしばらく、
俺『ここからでもぎりぎり滝が見えないんでよね〜』
先輩は無言で泣きながら抱きついて来てなんか、いろいろ迷ってるのかな?
ギュッってしたら、泣きながら俺の事を抱いてきました。ケツ舐めたり、乳首も強めにつまんだり。
俺はめっちゃ勃起!しゃぶられて、先輩が掘ってきました。
俺は川沿いの温泉の岩に掴まってアンアン言ってました。ぶっちゃけ寒いです。
周りには客はいないので、とりあえずやりまくり。
俺の中で出して温泉に浸かりました。
俺『先輩…どうしたんですか?』
先『ごめん〜ごめん…マジでごめん(T_T)』
先『俺、ゲイで悩んでダメなのかなと…』
俺『せーんぱい。』ハグしたとき、
扉が…R君とK先輩が来ました
四人で入りました。R君はすぐに帰ったあと、なんかK先輩の行動おかしいぞ…。


サークル合宿4

  • by ガンガンゲイ at 1月14日(日)17時08分
  • Number:0114170850 Length:1339 bytes

ごめんなさい。今回は混浴の話なので
若干女性の描写があります。

女性陣は、コスメを取りに行くと一端民宿へ。カギを渡して
男は温泉に…先輩…横目でみんなのチンポ確認してるし(笑)
入って、先輩が
先『サークルリーダー、ドリチンだね…○○は、××は…』俺に小声で話してくる。
リーダー『がんちゃんお前の企画いいね。俺らギャラなんてもらったの初めてだよ。』って立ち上がって
俺にお礼…チンポ目の前なんですけど…
K『がんちゃんの前方0時、チンポ出現!確認されたし!』←アホな振り落研なので返さないと。
俺『ピーッピーッ!チンポ確認!しかし、皮が邪魔で亀頭が確認できません!』
で、頭はたかれる(笑)みんな爆笑。そうこうしているうちに女子が胸を隠して登場。
ノンケのみんなはめっちゃ盛り上がってます。俺もね。
タオル外してゆっくり入りました。
先『俺、女の裸じかに見たの初めて…』(笑)
こっちに行くと露天で雪景色綺麗ですよ。とみんなで移動
先輩…○○君のことばっかチラ見してる。若干たってるし。
女子も隠さなくなったので、興奮してるやつらもいました。
石畳の階段を下りて、露天風呂に
俺『雪景色綺麗でしょ…こっからは見られないけど、奥に小さな滝もあるんだよ』
皆『へぇーふーん。綺麗だねぇって』
って言いながらノンケは女子のおっぱいをチラ見、先輩はそれで勃起しているやつらを
気がつかれないようにガン見してるしている(笑)この状況が笑えました。
民宿へ戻り、広間でトランプやウノ負けたヤツが
朝めしづくり。俺と女子二人が負けました。
その夜、Kと俺と先輩が同じ部屋でうとうと。


サークル合宿3

  • by ガンガンゲイ at 1月14日(日)15時25分
  • Number:0114142912 Length:1214 bytes

先『たちしょんしてたんだけど、ジッパーが噛んじゃって…あっ!閉まった。こいつ手が悴んで閉められなくて。』
( ゜Д゜)ウマーいごまかし。でも
K『ふーん』なーんか疑ってるぞ。ばれてるのかな?
滑って、みんなとロッジで合流。遅くなった昼飯のカレー。
女子二人が先輩の横に…好きっての知ってるけど先輩がいやがってるんです。
まぁゲイだからね。もうチヨット滑って。民宿へ戻りそれぞれのグループで自主練です。
発表会の準備といろいろ
俺『時間だよ近くの旅館に移動』
女将さんががんちゃーん!いろいろ聞かれたけど挨拶。母の伯母です。今日は頼むね〜マジシャン来れないから。舞台装置とか確認して、演歌歌手とも打ち合わせ。あっ!俺、書いてなかったけどうちらのサークル落研です。落語に漫才とかコントもね。軽くリハして、宴会場にはいろんな企業やグループ家族が集まりました。本番が始まり、歌のあとにうちらが披露。そこそこ受けて終了。みんな学祭でしかやったことがなかったから、緊張してました。××大学の落研倶楽部のショーです。って紹介されたから、良かったら就活にって名刺もらったりチップもらったりして飯を食いました。旅館をあとにするときに、
女将『温泉自由に入って良いからねあとこれギャラ』
皆『!』
悪いからと断ろうとしたんですが、合宿の足しにしました。で、その旅館の温泉に…
俺『混浴あるけど行く?』
みんなノリノリ!女子も行くって。先輩…は…ね(笑)


サークル合宿2

  • by ガンガンゲイ at 1月14日(日)13時29分
  • Number:0114131942 Length:1918 bytes

みんなが電車がいいとなりましたけど、電車で行くの大変。
最寄り駅まで着いて、近くにあった昭和って感じのお店で食料買って
路線バスに乗り、民宿へ。着いてみんなが
皆『やってねぇじゃん』
俺『大丈夫!』民宿の裏の家に行き、杖をついたおばちゃんが出てきて
おばちゃん『久しぶりだね、旦那が亡くなって私も足がこの通りだから、カギこれね。お母さん元気?』
俺『まぁ…おじさんにお線香上げて』みんなと民宿へ。
皆『??』
俺『俺の母ちゃんの同級生で家族でスキー旅行来るときはいつもここだったんだけど閉めてしまったんです。一人1000で素泊まりだから』
部屋の振り分け決めて…もちろん俺は先輩と…ともう一人。K先輩。
軽く掃除埃がたまってたからね。K先輩が部屋を出て行っているときに
先『なぁ』ギュッ
俺『ちょっとばれたらまずいよ…』
先『一瞬だから!』ってキスしてきました…
なげーけど…一瞬じゃないじゃん。
K『お前ら何やってんだよ(笑)』
ささっと離れて…なんか気まずいぞ…見られてたのかな?タイミング的には離れてたけど。
じゃあみんなでスキー行こうか!と歩いて5分。民宿閉めるにはもったいない距離。
スノボ組とスキー組に分かれて上級と中級に…初めてのヤツはいませんでした。
Kと俺ら二人はスキーの上級に行きモーグルとか楽しんで、またリフトに
先輩が林間コース行こうってなったんだけど、Kはモーグルで遊ぶって別れました。
誰もいねぇ…もうちょっと行ったカーブの死角のあるところで先輩が急に抱き締めてきて
俺『わ!わ!危ないよ。もう!』
このころは男とするのはそれなりに楽しい。でも恋愛っていう意識がありませんでした。
誰も来ないから若干開けたところで板をはずして。
先輩が抱き締めながらキスをして俺のウェアのジッパーを下げて手を入れて来て…
先『寒いからちんちん小学生モードかと思ったら、勃ってるじゃん(笑)』
俺のチンポ引っ張り出してしゃぶりはじめました。
こんな所で??って感じでしたが、先輩が
先『野外プレイ好きだって、新宿の公園で言ってたじゃん』
先輩の肩を掴んで、俺も気持ちよくて腰振って先輩いきますよ。
先輩…飲んでしまったようで、口を離しました。
先『お前のチンポから湯気が出てる(笑)』お前のせいだよ。
K『おーーい』やべ!
K『なーにやってんの?』