H 体 験 ? 談 掲 示 板


  • 《↑前のページあり》

SAのリーマン

  • by 晴樹 at 6月13日(火)02時32分
  • Number:0613023207 Length:2371 bytes

今年就職したばかり、22歳の社会人です。先週の週末にあった、高速サービスエリアでの出来事です。
日曜日の夜、実家から自宅マンションに帰るため、高速道路を利用しました。
途中飲み物を購入しようと、とあるサービスエリアに寄りました。そこは最近改装されたらしく、売店がコンビニになっているところでした。
車を止め売店の方を見ると、窓際で立ち読みしている人が一人。気になりつつ店に入り横目で雑誌コーナーを見ると、長身でワイシャツ・スラックスのリーマンさんでした。人が2人分入れるくらいのスペースを開けて、自分も立ち読み。
白地にストライプのワイシャツで、首元が少しはだけた感じ、太い腕と逆三角の背中、グレーのスラックスで小さ目だけどプリッとした尻、黒の革靴。都会的な感じのリーマンさんです。左手の薬指に指輪、既婚さんでしょう。。。
本を見つつ横目で見ていると、なんとなく股間が膨らんできたような。。。5分から10分くらい立ち読みしている間、2回ほどポジションを変えるようにさわる仕草をしました。
自分が飲み物を購入しようと、ペットボトルの水をレジに持っていき会計していると、そのリーマンさんは本を戻し、出て行きました。
追って出ると、リーマンさんはトイレに入って行きました。自分もそのままトイレへ。
リーマンさんは、中央あたりの小便器で用を足していました。自分は入口近くの位置で、用を足し洗面台に向かって手を洗っても出てくる気配がないので、戻ってみるとそのまま同じ便器に立っていました。
一度こちらを見ましたが、すぐうつむくように下を見ています。自分が近づいて見ると、便器と体のすき間から、見えていました。
右手で握っていましたが、手からはみ出ていた肉棒。きれいに剥けていて太い、少し黒く、血管が浮き出ていて、完全に勃起していました。
自分が個室にはいろうとすると、ついてきて同じ個室に入りました。
目の前に完全に勃起した肉棒。自分はリーマンさんのシャツのボタンをはずしました。あらわになった肉体。盛り上がった胸筋。乳首がたっていました。腹筋の筋はすこしうっすらとなっていましたが、割れていました。
リーマンさんの肉棒を握ると、息まじりの低い声が出ました。舐めると、どんどん声をが大きくなっていきます。フェラをしながら両手で乳首をさわると、ビクンと体が反応します。ビクビク腰が震えだしたので口から離し、乳首を舐めると、あぁっという声。とてもエロくて興奮しています。
20分くらい、リーマンさんの体を堪能したあと、リーマンさんは口の中に射精しました。
きれいに舐めとっていると、腰をガクガクして感じ始めて、そのままフェラしてもう1回射精しました。
LINEの交換をしたのですが、リーマンさんはやはり既婚者なので、頻繁には会えないとのことでしたが、月末に少しだけ時間が作れそうとのこと。会う予定でいます。



ウリ専ボーイが息子に変化 今の気持ち3

  • by 颯汰 at 6月11日(日)06時25分
  • Number:0611062501 Length:1966 bytes

ゲイである自分が嫌にもなるが、航大との出会いもゲイで無ければ出会いはなかった。
何度も書いてしまうが、見た目と中身が異なる航大だ。ゲイビの航大や見た目だけの航大を見ると、綺麗系なイケメンな航大だ。
風呂にも一緒に良く行く。細身だが整った身体に綺麗な顔、また一切チンコを隠さない。流石にフルチンになるときは包茎を剥いてるが、露な姿を惜しげもなくさらけ出す。俺の前ではしょっちゅうだが。
ビジュアルだけは一流だ。
今朝も横で寝てるが、こいつは夜中に必ずパンツを脱ぐ。
全てを解放させる。
この時期はプリケツを丸出しにし掛け布団を抱くように眠ってる。ふと、ゲイビを思い出してしまう。このケツに何本ものチンコが射し込まれたのかと思うと、様々な思いになってしまう。
ゲイビ以外にも、ウリ専歴も有るのだ。
複雑な思いに自分が嫌にもなる。ビジュアル以外の本来の中身は甘ったれな幼いヤツだ。
このギャップと言うのか、其れが親から受けたネグレストと勝手気ままな親の行動が影響してる。バカか?と思うくらいに何も教わらずに育ってる。
その幼さ故に、俺は父性が優先されて行く。
母親が父親を追い出し、しばらく女性ばかりの環境にもあり、母親に追い出され、母親と父親が入れ替わり戻りと複雑な環境に育ってる。
家庭内で学習すべき事がほとんどなされて無い。
カッコつける事だけは一流だが、行動が伴わないのが航大だ。
ウリ専の批判サイトにビジュアルだけ買うならと書かれてる事には納得は行く。
一つ一つ教えて行かなければならない事の方が多い。
パトロン的に過ごしてたら楽だっただろう。場合にはこの今の関係も既に終わってはいたとは思えるが、ゲイとしての俺の悩みは抱える事はなかった。
どちらを、何を優先するか?
父性が芽生えた為に、ゲイの俺は抑えられてる為に、関係はこうして続いてるのは確かに言える。
航大と出会い、航大を息子の様に思ってから、俺も大きく変わった。名誉的な仕事で地域と関わる事をしてたが、今の俺は子供たちと接するにしても、1人のバカ息子の親として接する事が出来てる。ゲイ、ノーマル関係なく、恋愛的な話しや、バカ話にしても、面白さをさほど感じない。寧ろ親たちと子供を中心とした会話が楽しい。
常にこのバカ息子の航大は胸にある。何時になれば成長するのか?。
結婚をしてじいさんにしてくれるのが一番の喜びではある。


銭湯でオナニー見せ合い(新しい仲間)

  • by 龍河 at 6月11日(日)03時35分
  • Number:0611033533 Length:2006 bytes

龍河です!行き着けの銭湯で知り合ったおじさんとオナニー見せ合う仲からアナルセックスまでする関係になった話を以前に書きました。あれからもちょくちょくおじさんとオナニー見せ合ったり、セックスしたり(笑)してるんですが、進展がありましたので。
昨日、俺はいつもの通り銭湯に行きました。脱衣所で服を脱いで浴室に入ると、ちらほらですが人がいました。しかし、例のおじさん(山江さんという名前でした。)の姿は見えません。今日は普通に風呂に入るか〜ってことで、俺は洗い場でまずヒゲを剃り始めました。
しかし暫くすると、山江さんが遣って来ました。
「おう、龍河。先に来てたんか!」
山江さんとはエッチして以来、どうも意識して見てしまいます。山江さんはノンケで俺とのセックスは遊びみたいなもんらしいですが、山江さんのチンポを見ると、俺は条件反射で勃起してしまいました。
「龍河!俺のこと見て勃起させとるんか?いつ見てもええ勃ちっぷりやの〜」
山江さんが大声でそんなことを言うので、俺は慌てて遮ろうとしました。しかし、先ほどまでいた人たちは、皆浴室から出て行ってしまったみたいです。俺は少し安心して、チンポをこすって見せました。
「今日もオナニー見てくれますか?」
そう言った俺に、山江さんはニッカリと笑って答えました。
「見せて見ろ!もう恥ずかしくないやろ!」
確かに、アナルの奥まで見られた仲ですから…(笑)
そこで俺たちは、早速露天風呂に移動しました。
露天風呂に入ると、俺は早速山江さんの前に仁王立ちになってチンポをしごきはじめました。山江さんに見られながらするオナニーは格別です。俺は態とケツの穴まで見えるように開脚で座ると、ケツの穴にも指を突っ込みながら、チンポをしごき続けました。
「あああ!気持ちいい!」
山江さんは乱れる俺を見ています。山江さんの使い込まれたチンポもギンギンで、先走りが垂れていました。
「龍河。ここでヤらせてくれ!」
山江さんは有無を言わさず、俺を押し倒してきました。銭湯でセックスしたことはまだ無くて少し心配でしたが、この時ばかりは興奮の方が勝りました。俺は足を広げ、ケツの方を丸見えにします。
「ああ!龍河!」
山江さんはそう言って、チンポをいきなり突っ込んできました。俺の腸壁は山江さんのチンポに絡み付きます。
「あああ!山江さん、気持ちいい!」
「龍河!」
しかしその時、露天風呂の扉が開いたんです!
続く


ショタ(小学生?)とアナルsexしてしまった話

  • by h at 6月9日(金)22時20分
  • Number:0609222058 Length:1918 bytes

高校生の時、僕は電車で学校に行ってました。帰りの電車に乗ってる時、ぽっちゃりした小学生低学年?くらいの子が乗ってて、最初はピンクの服を着てたし、髪も短くはなかったので女の子かと思ってました。ですが、電車を降りてからその子が男子トイレに入ったので男の子なんだとびっくりしました。僕もトイレに行きたかったので、トイレに入るとその子以外誰もいなく、ホームに人もいないし電車も当分きませんでした。なんか少しドキドキして、その男の子を見ると、小さい子特有のズボンとパンツを全部下まで下げておしっこしてました。しかもこっちにお尻を向けて下げるのでアナルが丸見えでした。僕も少し興奮しながらおしっこしてると、その男の子が「ちんちん大きい」ってこっち見ながら言ってきました。最初は驚きましたが、よく見ると可愛い子で、もうやるしかないと思い「もっと見る?」と言い大便器に入りました。顔の近くまでちんぽを持って行くと「変な匂い。触っていいの?」と言われたので触らせ、少し触らせてから「舐めてみる?」とダメ元で言ってみると本当に舐めてくれました。そのままの勢いで口の中まで入れてもっとしゃぶらせました。そして口の中に出すと「まずい」って言って全部精液出しちゃいました。そのあとまだ見てくるので「お尻の穴みせて」といい半ば強引にズボンとパンツ脱がせました。低学年くらいなのでアナル見せるのにあまり恥じらいはないみたいです。指入れてみるとキツキツで奥の方に硬いものもありました。十分にほぐれましたが、こんなきついアナルに入れたら泣き叫ぶに決まってると思い、しゃがませ「うんちだすみたいに力入れな」というとぽっかりアナルが広がりました。隙を見てずっぷり入れると「うう」って声出してびっくりしてました。「痛い?」と聞くと「痛くないけど変な感じ」というので「気持ちよくなるよ」といいちんぽを動かし始めました。「ああ...」と声を出し始めたので早くすると「痛い」いうので軽く動かしました。中はヌルヌルでキツキツの素晴らしいアナルでした。そのまま中に出スト。「熱い...」といい自分でお尻の穴広げてました。精液がぶぴゅって音を立ててダラダラ垂れてました。そのままお尻を拭きズボンを履かせ、「誰にもいっちゃダメ」と指切りし別れました。あの感覚は今でも忘れません。


いとこのD

  • by リョウタ at 6月7日(水)08時55分
  • Number:0607085547 Length:2150 bytes

2つ上のいとこのDは親戚の中でも年が近いこともあって特に仲が良かった。
小3の時Dの家に泊まって寝ていたらDにチンコをしゃぶられた。
訳が分かんなくて、寝たふりをしたまましゃぶられたけど、ちょっと気持ちよかったのかな。
次に泊まりに行った時も、先に寝たふりをしてたらしゃぶってきた。
この時ははっきりと気持ちよくて、たぶん勃起しちゃってたと思う。
その次の時は、一緒に風呂に入った時、なぜかD君は勃起してた。
でもD君は隠さず、そのまま自分で扱いて射精して見せてくれました。
その後、裸のまま部屋に戻り、ほんとは起きてただろう、と言われながらチンコをしゃぶられ、ぼくもD君のチンコをしゃぶった。
それから会うたびしょっちゅうしゃぶりあう仲になった。
D君のチンコは小5の当時すでに精通してて毛も少し生えてました。そして大きかったです。
何回も計って比べっこしたことがあって小5の時は12cmくらい。中学の時には16cmはありました。
僕のは小6の時11cmで中3の時に14cmでした。今もそれくらい。
エッチしはじめた小3の時は勃起しても8cmくらいでした。
Dには弟がいて僕の3つ下です。
いつも弟のY君に見つからないようにするのが大変でしたが、Y君が小3になった時にチンコしゃぶってやれとD君に言われて、しゃぶりました。
僕がD君にされたように、Y君が寝てる時にしゃぶって、それからD君としゃぶりあいました。
この頃には僕も精通してたので、寝てるY君の横で何回も射精してました。
3回目くらいにY君のをしゃぶってたら「んっ」て声がして、起きてたとわかりました。
それからはY君と普通にしゃぶりあいをするようになりましたが、D君は僕とY君がエッチする時は見てるだけで、D君とは別の時にやってました。
この時D君は中2で、もうかなり大きなチンコで、いつもしゃぶったりしごいたりして射精させるのが楽しみでしたが、お尻に入れたがるようになってました。
小5の頃からお尻に指を入れたりされてましたが、小6の夏休み前にはD君のデカチンをいれられました。
D君は早漏で入れると1分くらいで中に出してましたが、その代わり何回も行けるのでフェラとお尻で何回も射精させました。
ある日、D君にお尻をやられてる時にY君が来てしまい、Y君にも入れられることになりました。
Y君は年下だけど、さすが兄弟、小5の時にはすでに僕と同じくらいの大きさでした。
僕もY君に入れることができてすごく気持ちよかったですが、その後、受験などでなかなか会えなくなり、いとことのセックスは中3の夏くらいまっでした。